納豆界最大級!成城石井「大粒納豆」は白米のことを忘れるくらい美味しい

10月17日に成城石井から発売された「北海道産大豆100%納豆 大粒納豆」。なんでも、一粒7.8~8.5㎜の大粒のものだけを厳選して使用しているだとか。今回は、そんな納豆界最大級を誇るコチラの納豆を試食してみました!

10月17日にスーパーマーケットチェーンの成城石井から発売された「北海道産大豆100%納豆 大粒納豆」。
なんでも成城石井の製品紹介ページによると、
大豆の中でもうまみや甘みが強いといわれる北海道産「ゆきほまれ」を100%使用。契約栽培の大豆を使用し、一粒7.8~8.5㎜の大粒のものだけを選別しました

出典: www.seijoishii.co.jp

とある通り、尋常ならざる超大粒の納豆なのです。画像を見ればたしかに大きいことはわかりますが、どうしても比較対象がほしくなってきます。
そこで…

【食べレポあり】大粒納豆と普通の納豆の大きさを比較してみた

これが成城石井「大粒納豆」。パッケージはいたって普通ですね。早速蓋を開けてみましょう。
コチラのタレとカラシ、単なる調味料ではありません。実は化学調味料不使用のタレ、無着色のからしなのです!納豆本来の味を損なわないようなこだわりが込められています。

肝心の大きさですが、シートがかかっているので、大きさが判然としませんね…。

でも、一緒に買ってきた納豆と比べてみると一目瞭然!
うそでしょ( ゚д゚)?
たしかに大きい。まるで小鳥の卵か何かを彷彿とさせるぐらいのビックサイズ。
二つ並べてみるとこんなに違う!
手前の納豆は決して小さいワケではありませんが、大粒すぎてミニサイズに見えますね。
では、混ぜ混ぜしてきましょう!
混ぜ混ぜ…
混ぜ混ぜ…!
いかがですか?このド迫力。
大きいからといって混ぜにくいということはなく、むしろ豆と豆との密着が少ない分、スイスイとかき混ぜることができます。
さらにタレを入れて混ぜ混ぜしていきます。
ご覧ください!タレをかけてもネバネバが消えません!! 粒が大きいゆえに強靭な粘りを生んでいるのかも。

お味の方も決して大味ではなく、大豆の旨味がギュッと凝縮している印象。そしてふっくら弾力のある食感が新鮮!
ところで、納豆だけを食べているとほっかほかの白米が欲しくなる…なんて経験ってあるあるですよね?が、全然ご飯食べたい気にならない!むしろこの納豆をずっと味わっていたい、そんな気持ちにさせる逸品。個人的に大好きですね。
気になったみなさまは、お近くの成城石井の店舗で購入してみてくださいね。
【商品について】
■成城石井 北海道産大豆100%納豆 大粒
○ 容量:40g ×3
○ 価格:\179(税抜)
○ 化学調味料無添加
○ 遺伝子組み換え大豆不使用

特集

SPECIAL CONTENTS