ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

ひと手間で変わる!インスタントコーヒーのおいしい入れ方

朝の一杯、仕事の休憩やリラックスタイムに、または夕食後の一服に、自宅や仕事場で飲む人も多いコーヒー。フランチャイズのコーヒーショップやコンビニで、おいしい本格的なコーヒーを買うことは簡単になりました。 しかし、わざわざお店に出向かなくても、いつものインスタントコーヒーがよりおいしく飲めると便利ですよね! 今回は、お家でも簡単に飲めるインスタントコーヒーをよりおいしく淹れるための方法を特集します♪

材料(1杯分)

・インスタントコーヒー...... ティースプーン1杯(約2g) ・水...... ティースプーン1杯 ・熱湯...... 140cc ※もしくは、インスタントコーヒー、熱湯の量はそのコーヒーのインスタントコーヒーの作り方に沿って用意してください。

入れ方

1. コーヒーカップにインスタントコーヒーの粉を入れる 2. 用意したお水を注ぎ、ダマがなくなるまでかき回す 3. 混ざったら熱湯を注いで完成!

インスタントコーヒーをおいしく入れるポイント

水で溶いてからお湯を注ぐ

一番大切なのが、熱湯を入れる前に「水」を使ってインスタントコーヒーの粉を溶かすこと!コーヒーの粉にはデンプンが含まれており、直接熱湯を注ぐと粉がダマになってしまい、粉っぽい味のコーヒーになってしまいます。 一度お水で溶かすことで、そのあとに入れる熱湯とも交わりやすく、味も香りもお店で飲むような風味がいいコーヒーができあがるということなんですね♪

水道水がおすすめ

おいしいコーヒーを作るには「お水」は決め手になります。ミネラルウォーターでも、もちろんおいしく作ることができますが、軟水である日本の「水道水」もおすすめの素材! 軟水を使うと味がまろやかになると言われているので、日本の水道水はおいしいコーヒーを淹れるのに十分な働きをしてくれる素材と言えます。

お湯の温度は90度

カップに注ぐお湯は、80度から90度ぐらいがベスト!理由は、あまりに熱いお湯を注ぐとコーヒーの味に苦味が生まれるから。逆に低すぎると酸味が増してしまうので、この80度から90度のなかでお好みの温度を見つけるのがおすすめです♪
Photos:1枚
自宅で楽しむコーヒーの時間
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS