ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

黒酢味の鍋って…!?

Photo by muccinpurin

肌寒い時期に恋しくなる鍋。今年はもう鍋はじめはしましたか?もう初鍋を済ませた方も、まだこれからという方も、こんな新顔鍋はいかがでしょう? その名も「黒酢鍋」。鍋アイテムがそろい始めているカルディで見つけた鍋スープなんですが、スープのベースがなんと黒酢。黒酢って炒め物や調味料としては使いますが、鍋との相性はどうなんでしょう……?

ごま香る「黒酢鍋の素」

Photo by muccinpurin

235円(税込)
鍋のスープに黒酢ってとても新鮮ですが、パッケージには「ほのかな辛味、黒酢のコクと酸味」と書いてあります。確かに普通のお酢と比べて黒酢はコクがありますが……。 原材料はしょうゆと黒酢、ごま油とチキンやしいたけなどの旨みエキスが入っています。パッケージのデザイン的にもどうやら中華風の鍋のようですね。

Photo by muccinpurin

濃縮タイプのスープは1回分ずつに分かれていて、3パック入っています。スープ1袋に水160ccを入れて沸かし、具材を入れて煮込みます。 さっぱりとした黒酢に合うように、鶏団子と豚バラ肉をチョイスしました。それぞれのお肉の旨みが上手く組み合わさることを期待しましょう!野菜は白菜、にんじん、ほうれん草と水菜です。

黒酢に野菜の旨みが溶け込む…!

Photo by muccinpurin

5分ほど煮込むと、野菜がしんなりして食べごろになりました♪ 黒酢スープの色が濃いので、鶏団子が茶色く色づいています。ほうれん草や白菜の葉などは変色しやすいので、ほかの材料に火が通ったころに入れるのがベストかもしれません。 煮込みながらも、ゴマ油のいい香りが食欲を刺激してきます……! スープの色に濃さに反して、味は驚くほどマイルド。黒酢スープそのものは酸っぱいんですが、野菜の甘みと肉の旨みがプラスされて、まろやかに仕上がっています。

Photo by muccinpurin

スープの色だけ見ると「ちょっと濃いかな……」という気もするんですが、黒酢の色なので、まったくしょっぱくありません。 遠くに感じるほんのりとした辛味はしょうがでした。これは温まる♪

Photo by muccinpurin

お肉系の具材は個人的に豚バラ肉がおすすめです。酸味の強いスープによって、豚の脂の甘みが引き立ちます。とにかくやさしい甘さ……黒酢スープによって豚肉のおいしさを再発見しました。

〆はスープごはんで!

Photo by muccinpurin

「鍋の〆はどうしよう……」と悩む間もなく閃いたのが、スープごはん。おじやでも雑炊でもなく、スープごはんです。 軽く洗ってぬめりを取ったごはんを、水分を足した黒酢鍋のスープに投入。全体が温まったら完成です。できあがったらごはんがスープを吸わないうちに召し上がれ♪ 野菜の旨みが溶け込んだスープで、まるでお茶漬けのようにサラサラっと進むスープごはん。お鍋であんなにお腹いっぱいだったのに、不思議です……。

新定番鍋の予感……♪

Photo by muccinpurin

食べる前は相性に半信半疑だった「黒酢鍋」。いざ食べてみると、黒酢本来のコクと素材の旨みを引き出す力に、夢中になっていました。 さっぱりとしているので、鍋を食べているというより具だくさんの中華スープを飲んでいる感覚。あと2袋あるので、ほかの具材で楽しみたいと思います♪

商品情報

■商品名:カルディオリジナル ごま香る 黒酢鍋の素 ■価格:235円(税込) ■原産国:日本 ■内容量:120g(40g×3袋) ■カロリー:1袋(40g)あたり66kcal
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS