ごちそうの味わい。カルディ「海老のびすく鍋の素」にグルメ好きも納得

カルディの豊富な鍋スープの中から、今回ご紹介するのは「海老のびすく鍋の素」。海老の香ばしさとトマトのコクがぎゅっと詰まった、ビスク風のスープが鍋で味わえるなんて…!鍋の〆は一風変わったアレを使って、最後までおいしくいただきました!

2018年10月23日 更新

海老のビスクが鍋に!

にんじんやほうれん草に白菜などの鍋野菜が入った土鍋と海老のびすく鍋の素のパッケージ

Photo by muccinpurin

「寒くなってきたのでそろそろ鍋が恋しいな……」とカルディで鍋スープを探してみると、『海老のびすく鍋の素』というアイテムを発見。スープでは飲んだことがあるけれど、ビスクの鍋って珍しいですよね。


ポップな手書き風の海老が躍る、鍋の素にしてはおしゃれなパッケージに惹かれて購入してみました。

リッチな海老の風味♪ 「海老のびすく鍋の素」

海老のびすく鍋の素のパッケージ

Photo by muccinpurin

213円(税込)

海老のビスクって少し高級なイメージがありますよね。海老の殻を炒めてトマトと野菜で煮込んで、すべての旨みを凝縮したスープは手間がかかるので、なかなか自宅では作りません。

そんなビスクを鍋で手軽に楽しめるなんて、これは買わない手はないですよね♪ しかも1人前が2食分入って213円(税込)。煮込んだり濾したりする手間を考えればかなりリーズナブルです。
にんじんやほうれん草 白菜などの鍋野菜が入った土鍋と海老のびすく鍋の素のパッケージ

Photo by muccinpurin

北海道でとれた海老や肉のエキスのほかに、トマトペーストや玉ねぎ、にんにくなど旨みが詰まったスープ。隠し味には味噌を使っているようです。

海老のスープに合いそうな食材、ということで同じ魚介からタラの切り身をチョイス。パッケージの作り方にはあさりや海老などの具もおすすめ、と書いてありました。200ccの水で溶いて鍋に加えてグツグツと煮込みます。

海老とにんにくのいい香り♪

煮込んだ海老のびすく鍋

Photo by muccinpurin

実はスープの素を開けたそばから感じていた「これは間違いなくおいしい」という勘が、確信に変わりました。まず、香りがおいしい。グツグツと煮え立つ鍋を取り分け、さっそく試食です。

海老独特の甘みと香ばしい香りが口いっぱいに広がります……!トマトの酸味とにんにくのパンチがあるコクも、まさにスープのビスクそのもの。
小皿に取り分けた海老のびすく鍋

Photo by muccinpurin

「トマトベースの海老に合いそうだな」と読んで、ほうれん草を入れたのが大正解でした!ほうれん草の甘みやほろ苦い独特の風味が、トマトと海老にベストマッチです。水っぽくなりにくいのも嬉しい!

すでに海老の出汁が出きったおいしいスープに、さらにタラや豚バラ肉の旨みも加わって、もう鍋のスープだけでも立派な料理になっています。タバスコやブラックペッパーをプラスすれば、さらに味の変化を楽しめそうです!

〆に合うのは意外にもパン!

パンを使った海老のびすく鍋の〆

Photo by muccinpurin

スープをひと口飲んだ瞬間から〆はパンと決めていました。バゲットに粉チーズを振りかけて香ばしく焼いて、残ったスープにイン。パンならおいしいスープを一滴残らず味わえます。

想像通り、いや、想像以上のおいしさ。野菜や肉の旨みが溶け込んだスープを、パンが余すことなく吸って、おいしい……。これだけでも食べる価値ありです!
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう