ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

コクたっぷり「マカダミアナッツスプレッド」

Photo by muccinpurin

980円(税込)
おつまみナッツの定番、マカダミアナッツ。ミックスナッツに入っているといち早くなくなるし、ハワイ土産のチョコレートには欠かせないあの香ばしさが、ほかのナッツにはない魅力ですよね。 そんなマカダミアナッツがペーストになったアイテムをカルディで発見! 確かに、これまでピーナッツやゴマのスプレッドはありましたが、マカダミアナッツは見たことがない……だから人気なのですね。さっそく購入し、実際に味わってみました。

Photo by muccinpurin

商品名の「ドイトン」はマカダミアナッツの生産地であるタイの地名。ミャンマーとの国境に近いドイトンでは、コーヒーやマカダミアナッツが盛んに生産されています。 マカダミアナッツといえば、ハワイ土産のチョコレートをイメージしますが、実はタイのお土産としてもマカダミアナッツチョコレートは有名。 そんなタイで作られたマカダミアナッツと、なめらかな舌触りを生むための乳化剤を使って作られたのが「マカダミアナッツスプレッド」です。

Photo by muccinpurin

蓋を開けると意外にも粒が多い印象。スプレッドというのでなめらかなものを想像していたんですが、ざらざらというよりもかなり大きな粒が残っています。器に開けてみても、流れないほどしっかりとした固さです。 ほんのり甘く香ばしい感じで癒されます……♪

まずはパンに塗って試食

Photo by muccinpurin

まずはパンに塗って試食。 なめらかなペーストにかなり粒が混ざっているので、食べ応えがあります!ただ、砂糖が入っていないので、少し甘みがほしいところです……。

Photo by muccinpurin

というわけで、はちみつをたらっと垂らしてみました。 想像通り、少し甘みをプラスしただけで、グッとおいしさが増しました!砂糖だと溶けにくいので、はちみつだと手軽でおすすめです♪ メープルシロップでも試しましたが、ちょっと香りが強く、せっかくのマカダミアナッツの香りが隠れてしまいました。やはり、はちみつがベストでしょう。

これは意外!「ジェノバソース」の隠し味に

Photo by muccinpurin

カルディおすすめのジェノバソースを作ってみました!パスタにサラダに大活躍ですよ。

材料

・バジル……ひとつかみ ・マカダミアナッツスプレッド……小さじ1杯 ・エクストラバージンオリーブオイル……大さじ3杯 ・パルミジャーノ(削る)……大さじ1杯 ・塩……小さじ1/2杯 ・にんにく……1/2かけ

「ジェノバソース」の作り方

すべての材料と、オリーブオイルの1/3量をミキサーに入れ、なめらかになるまでまわします。連続して回すとモーターの熱で色や風味が悪くないので、止めたり回したりを繰り返してください。 好みのなめらかさになったら、残りのオリーブオイルを入れて全体が馴染むまで軽く回してできあがりです。なめらかすぎるよりも、多少粗いほうがバジルの風味が豊かに仕上がります。

パスタにアレンジ♪

Photo by muccinpurin

ジェノバソースといえば、パスタ。ということで、さっとゆでたパスタに絡めて、「パスタジェノベーゼ マカダミア風味」を作ってみました。 通常松の実を使うことが多いジェノバソースですが、マカダミアナッツを使うとかなりクリーミーでコクがある仕上がりに。 もともとマカダミアナッツがペースト状になっているので、ミキサーにかける時間も短く、風味よく仕上がりました!
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS