ライター : Ricca_ricca

湘南でのんびり生活を満喫中♪空いた時間には近くのパン屋さんやカフェを巡ったり、おいしそうなレシピを探して作るのが趣味です☆現在は薬膳を勉強しながら子育て奮闘中です。

持ち帰れないもの

ドイツと言えば「ウインナーソーセージ」、「フランクフルトソーセージ」、「ボロニアソーセージ」など日本でもよく耳にするハムやソーセージ類が有名ですよね。しかし、これらの食肉加工品は"関税定率法"という法律によって日本へ持ち込むことはできないのです。缶詰や瓶詰など加工されているものも同様ですのでご注意ください! ほかにも、果物、植物の種、土が付いたままの植物などは、日本国内に本来存在しない寄生虫や病原菌を国内に持ち込まないようにするため、検疫上の対策がとられているため持ち込みが禁止となっています。

持ち帰れないものリスト

ハム・ソーセージ・果物・植物の種 ※土が付いたままの植物などは持ち帰ることができません。

ドイツ土産といえばコレ!鉄板お土産BEST15

【1位】 おいしくてリーズナブル「ドイツワイン」

ヨーロッパのワイン生産地のなかで、もっとも北に位置するドイツ。ドイツワインは、酸味と繊細な香りを合わせ持っているのが特徴です。日本では手に入らないワインがリーズナブルに手に入るので、お酒好きな方のお土産にいかがでしょう。瓶のデザインも素敵なものばかりですよ!

販売情報

販売場所:ドイツ国内のワイン専門店、スーパー 価格:5ユーロ~ 日持ち:賞味期限は特になし

【2位】 みんなに喜ばれる「ハリボ―」

最近、日本のスーパーでも見かける「ハリボー」。小さいクマの形をしたカラフルなグミはお子さんのお土産として大人気!ドイツに行くと、日本では見かけない味、形のグミが棚にズラリと並んでいますよ。話のタネに日本ではまずいと話題の「ラクリッツ シュネッケン」という黒くてタイヤのようなグミを買ってみてはいかがでしょう。

販売情報

■販売場所:ハリボー本店、ドイツ国内のスーパー、ドラッグストア ■価格:1ユーロ~ ■日持ち:約1年
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS