デンマーク料理のレシピ6選!未知の料理に好奇心がとまらない!

デンマーク料理と聞くとどんなものを思い浮かべますか?首都コペンハーゲンのうつくしい街並みはイメージできても、デンマーク料理はあまり想像できない方も多いはず。今回は定番のデンマーク料理6選を、肉料理からお菓子まで幅広くご紹介していきます。

2018年10月26日 更新

デンマーク料理の特徴

北欧デンマークでは、養豚や酪農、じゃがいもの栽培が盛んです。そのため、肉料理やじゃがいもを使った料理が多いのが特徴です。

オーブンで調理する料理や、煮込み料理といった調理法が多く、塩や砂糖などシンプルな調味料で味付けするのが主流です。

食生活の特徴は、1日のうちに温かい食事を食べるのは夜だけである家庭がほとんどということ。朝と昼はパンなどで簡単にすませるのが一般的なようです。

1. ランチの定番「スモーブロー」

「スモーブロー」とは、デンマークのオープンサンドのこと。“スモー”はバター、“ブロー”はパンを意味します。手軽に食べられるランチの定番です。

スライスしたライ麦パンやバゲットに、魚介類や肉類、野菜などさまざまな具材をのせて作られますが、ポークやサーモン、サワークリームを使われることが多いようです。

スモーブローのレシピ

スモーブローの作り方はとてもシンプル。こちらのレシピでは、エビやスモークサーモン、卵を使ったスモーブローが紹介されています。カラフルなスモーブローはパーティーでも喜ばれそうですね。お好みのパンと具材で作ってみましょう。

2. パンにのせるのが人気の食べ方「ニシンの酢漬け」

ニシンはデンマークで愛されている魚のひとつ。ニシンをさまざまな料理に使うことが多いデンマーク料理ですが、特にニシンの酢漬けはよく食べられる食材です。

ニシンの酢漬けはライ麦パンなどにのせて、スモーブローとして食べるのが人気です。カレー風味のものなどもスーパーで売られています。

3. 皮がカリカリのローストポーク「フレスケスタイ」

デンマークのローストポーク「フレスケスタイ」は、クリスマスのごちそうメニュー。皮付きの豚肉を使うのが特徴で、皮をカリッと焼き上げるのが調理のポイントです。

塩でシンプルに味付けをしたフレスケスタイには、赤キャベツの酢漬け、ポテト、クリームを添えるのが定番です。

フレスケスタイのレシピ

皮付きの豚肉で作る本格フレスケスタイレシピです。本来皮をパリッと焼き上げるのは2時間以上必要ですが、こちらのレシピではなるべく短時間で焼き上げるコツも紹介されています。クリスマスや記念日など特別な日におすすめですよ。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Uli

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう