濃厚抹茶に舌つづみ。京都「無碍山房」のパフェが美しすぎる

今回は京都にある「無碍山房(むげさんぼう)」をご紹介します。京都らしい、抹茶を使ったこだわりのパフェが自慢で、連日行列ができるほどの人気店です。ほかの抹茶パフェとは一線を画す、無碍山房のパフェの魅力に迫りました。

濃厚な抹茶を味わえる「無碍山房」

地下鉄東西線「東山駅」から歩くこと15分。「無碍山房(むげさんぼう)」は、八坂神社近くの高台寺の緑に囲まれた、閑静な場所にあります。

駅からは少し離れていますが、目に飛び込んでくるモダンな数奇屋建築を見た瞬間、きっと疲れも忘れてしまうでしょう。

実はこちら、ミシュラン三ツ星を持つ老舗料亭「菊乃井 本店」が手がける、甘味サロンなんです。
カウンター席からは、手入れの行き届いた中庭が一望できます。それはまさに「邪魔するもののないさま」を意味する「無碍」そのもの。

年月を重ねたからこそ生まれる、苔の瑞々しさや古木の雄大さに触れながら、落ち着いた空間で自慢のスイーツを楽しむことができます。

濃い抹茶パフェ

「無碍山房の濃い抹茶のパフェ」は、無碍山房に来た人のほとんどが頼む、まさに看板スイーツ。メニューにかかれている「最高の宇治抹茶だけをぎょうさん(たくさん)いれました」という言葉の通り、これ以上ない抹茶の美しい緑色に、思わず目を奪われます。

その深い緑は、美しい日本庭園とリンクして、まるで絵画を見ているような気分に……。
ふんわりやわらかなシフォンケーキと、抹茶のゼリー、上品な甘さの小豆に、濃厚な抹茶アイスが贅沢に2スクープ重なります。

抹茶のアイスは、食べた人のほとんどが「これまでに食べたことがない濃厚さ!」と表現するほど。
アイスは甘さ控えめで、上品な宇治抹茶の香りを口いっぱいに感じることができ、まさに至福のひと時……。添えられた小豆やシフォンの甘さが、抹茶の苦みを引き立てつつ、やさしく包みます。

唯一無二の味わいを求めて、連日お客さんが集うのも納得です。

ほかのメニューも魅力的です!

季節のパフェ

季節のフルーツを贅沢にのせた「季節のパフェ」。夏はシャインマスカットや桃など、みずみずしい季節のフルーツをたっぷり使ったパフェが味わえます。

フルーツがこんもりと飾られた、まるで宝石箱のような輝きに、思わず食べるのをためらってしまいそうですね。

かき氷

かき氷も無碍山房が作ると、こんなに華やかな仕上がりに。「いちごのかき氷」はしっとり口どけがよい氷に、自家製のいちごシロップとジュレ、フレッシュないちごが贅沢にのっています。

食べ進めるとなかに隠れているのは、あまおうのソルベ。お好みで別添えの練乳をかければ、まろやかさがプラスされて味の変化が楽しめます。どこまでもいちごにこだわったパフェです。
こちらはレモンを使ったかき氷「レモンツリー」。夏らしいレモンのシロップに、牛乳をじっくりと煮詰めて作った、自家製アイスが添えられています。

レモンのほどよい酸味を、ミルクアイスがやさしく包んでくれる、心地よいのど越しが自慢のかき氷です。

趣ある空間で癒しのパフェを

いかがでしたか?濃い抹茶パフェのほかにも、老舗料亭が手がけるこだわりの和スイーツは、どれも魅力的なものばかりでしたね。

趣のある癒しの空間で、自慢のパフェをぜひ味わってみてください。

店舗情報

■店舗名:無碍山房 サロン・ド・ムゲ (むげさんぼう Salon de Muge)
■最寄駅:東山駅から865m
■電話番号:075-744-6260
■営業時間:11:00~18:00(11:00〜14:30は「時雨めし弁当」と飲物を提供。パフェは14:45〜17:00まで営業される喫茶サロンで提供しています。)
■定休日:第1・3水曜日
■禁煙・喫煙:完全禁煙
■wifi:なし
■参考URL:https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26028853/
■公式HP: http://kikunoi.jp/kikunoiweb/Muge/
※記事の内容は、公開時点の情報です。記事公開後、メニュー内容や価格、店舗情報に変更がある場合があります。来店の際は、事前に店舗にご確認いただくようお願いします。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう