発酵キムチの特徴

発酵キムチの最大の特徴はキリっとした酸味です。しかし、発酵食品は時間が経つほど味がマイルドになってくるので、酸味のなかにも濃厚な旨味を感じられるんです。魚介やニンニクなど、パンチのある強い香りも特徴です。

浅漬けキムチの特徴

キムチ風の調味液に浸して作られる浅漬けキムチ。実は日本のスーパーで売られているキムチの大半がこの製法で作られているんです。 発酵させないで作られるため酸味も控えめ、酸っぱい味付けが苦手な方におすすめ。本場のキムチと違い辛さも香りもやわらかくなっており、ほどよい塩気と旨味で日本人向けの味です。

通販やスーパーでも大人気!おすすめキムチランキング10

第10位. 白菜丸ごと。純農園「業務用 玉キムチ5kg 」

ITEM

純農園 業務用 玉キムチ5kg

¥2,036

原産国:中国 内容量:5kg 原材料:白菜、大根、にんにく、唐辛子粉、長葱、胡 麻、生姜、アミエキス、食塩、アミの塩辛、 調味料、食塩など

※2020年11月12日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
塩辛をはじめとする薬味を加えて熟成させた、純農園の白菜玉キムチです。細かくカットされていない、白菜を漬けた玉まるごとの商品で、お好みのサイズに切り分けて食べるタイプです。さっぱりとした辛口の味わいで、飽きることなく食べ続けられるて熟成がすすんでも味のバランスが崩れないと好評です。

第9位. 人気商品のキムチ味。東海漬物「キューちゃん味キムチ」

ITEM

東海漬物 キューちゃん味キムチ

¥1,396

内容量:100g×10袋 原材料:だいこん(国産)、きゅうり(ラオス)、にんにく、漬け原材料〔アミノ酸液、砂糖類(水あめ、砂糖)、食塩、コチュジャン、魚介エキス、とうがらし、醸造酢、香辛料、たまねぎ〕、調味料(アミノ酸等)、酸味料、酸化防止

※2019年7月19日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
きゅうりのきゅーちゃんでおなじみの、東海漬物の「キューちゃん味キムチ」です。韓国風唐辛子みそを使用し、大根ときゅうりににんにくの旨みをきかせた、キムチ風味のキューちゃんです。あまりキムチの味は強くなく食べやすい味わいが日本人になじみやすく、常温保存可能なロングセラー商品です。

第8位. 冬眠がポイント。徳山物産「冬眠キムチ」

ITEM

徳山物産 冬眠キムチ 冷凍 500g

¥624

内容量:500g 原産国(最終加工地):日本 原材料:白菜(国産)、漬け原材料[還元水飴、唐辛子、トマト、アキアミ、砂糖、食塩、にんにく、生姜、イワシエキス、いりこ、昆布]、調味料(アミノ酸等)、トレハロース、pH調整剤、ビタミンB1、キト

※2019年7月19日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
第8位にランクインした徳山物産の冬眠キムチです。韓国の伝統的な薬味で漬け込んだ本格熟成型の白菜キムチで、冷凍させて「冬眠」することでおいしさがアップ。解凍しても乳酸発酵がすすみますよ。ほどよい大きさにカットされているので、調理にも使いやすい点も好評です。

第7位. 使い勝手がいい! 丸誠「野沢菜はんごろしキムチ漬け」

ITEM

丸誠 野沢菜はんごろしキムチ漬け

¥648〜

原産国:日本 内容量:280g 原材料:野沢菜、とうがらし、りんご、にんにく、たまねぎ、漬け原材料(しょうゆ、食塩)、砂糖、ソルビット、調味料、香辛料、甘味料(甘草、ステビア)、酢酸、グリシン、酸味料、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)

※2019年7月19日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
第7位は、丸誠の野沢菜はんごろしキムチ漬けです。商品名の「はんごろし」とは、もち米を半分つぶして作るおはぎにヒントを得た製法からきています。しっかりと辛みがあってクセになる味わいは、そのままご飯や麺にかけたり、お酒のお供にもぴったり。おにぎりや和え物、マヨネーズに混ぜたり、切った野菜と混ぜてキムチにしたりと、使い勝手の良さも魅力です。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ