あの事件から4年…バターじゅんわり「烏骨鶏卵デニッシュパン」が華麗なる復活

4年前に惜しくも販売終了してしまった烏鶏庵の「烏骨鶏卵デニッシュパン」。惜しむ声が絶えなかった本格派デニッシュパンが、この度帰ってきました!今回、復活を成し遂げた大ヒット商品をお取り寄せ。人気の秘密がどこにあるのか確かめてみました!

本格デニッシュパンが帰ってきた♪

烏骨鶏卵デニッシュパンのパッケージ

Photo by macaroni

みなさんには忘れられない思い出の味ってありますか? 雑誌やテレビなどで紹介され、SNSで全国に知れ渡り一大疾風を起こした烏鶏庵の「烏骨鶏卵デニッシュパン」。本格派デニッシュパンとして人気を集めた商品でしたが、2014年3月26日をもって販売終了してしまいました。

「もうあの味を食べられないのか。」「販売終了する前に一度でいいから食べてみたかった……。」落ち込む人が続出した悲しい事件から早4年。この度、あの名作がうれしすぎる復活を成し遂げました!今回、食べた者を魅了するデニッシュパンをご紹介します。

濃厚なバターの香りがふわり

お皿にのった烏骨鶏卵デニッシュパン

Photo by macaroni

こちらが「烏骨鶏卵デニッシュパン」。名前の通り、希少な素材「天来烏骨鶏卵」を使ってパン職人がひとつひとつ丁寧に焼き上げたデニッシュパンです。持つとずっしり重くてびっくり!

4年前のあの悲劇。販売終了に至った理由は、協力工場のパン部門が閉鎖してしまったからとのこと。私も食べたことがなかったので、今回の復活を聞き付けて気持ちが舞い上がりました!
カットされたデニッシュパン

Photo by macaroni

ご覧ください、中はほんのり黄色。バターがふんだんに使われているのがわかります。

食べる前からバターの濃厚な香りがあたり一面に漂います。この香りだけで食欲が駆り立てられますね。

ほんのり甘さとコク深い味わい!

デニッシュパンを半分に割っている様子

Photo by macaroni

まずは焼かないでそのままいただきます。

重量感たっぷりですが、生地はしっとりとした食感でふわっふわ♪バターがふんだんに使われているので、 何もつけなくてもほんのり甘くてコク深い味わいを堪能できます。

さらに卵の豊かな風味をしっかり感じられて、思わず幸せな気持ちになりました!
トーストしたデニッシュパン

Photo by macaroni

トーストすると、外がサクッとした食感に早変わり!温めることにより溶けたバターの風味と香ばしさが、じゅわ〜と口の中に広がります。

思わず笑顔がこぼれるおいしさ♪

烏骨鶏卵デニッシュパンの画像

Photo by macaroni

4年ぶりに復活した「烏骨鶏卵デニッシュパン」。そのまま食べるのもいいですが、トーストするとよりバターの風味が引き立ちますよ。思わず笑顔がこぼれるほどのおいしさでした!朝食に楽しむと、1日のスタートを気持ちよくきれそうです。
(文・写真:古舘)
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承下さい。

商品概要

「烏骨鶏卵デニッシュパン」
希望小売価格:1,620円(税込)
内容量:1.5斤(約670g)※カットされていません
発売場所:公式通販サイト、烏鶏庵 各店

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni_review

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう