スイス発リンツチョコレートのおすすめ3選!人気カフェメニューも紹介

スーパーでも見かける海外チョコレート「リンツ」。スイスのチョコレートブランドで、丸くて大粒のリンドールが人気ですよね。世界的に人気なリンツのチョコレート誕生秘話から、定番シリーズ商品、ショコラカフェのメニューまで紹介します。

リンツのチョコレートがどれもおいしすぎる!

リンツとは

「リンツ」とは、スイスに本社を構える製菓ブランド。チョコレートを中心に世界的なブランドとして知られており、日本にも店舗があります。

今でこそチョコレートはお菓子として親しまれていますが、近代までは薬として利用されていました。そのチョコレートを甘くておいしいお菓子にした人物こそ、「ロドルフ・リンツ」です。彼は薬剤師の息子。口の中でとろける現在のチョコレートのあり方を発明した人物です。

リンツの看板商品であるチョコレートで有名なのは「リンドール」。店舗を訪れなくても、スーパーで購入することもできます。

店舗は全国にある

リンツのお菓子はチョコレートを中心に展開しており、ケーキやドリンクも扱う「リンツショコラカフェ」が人気。

関東甲信越に店舗が集中してはいるものの、東北、北陸、中部、関西、中国の地域で展開しています。残念ながら現在は九州地方まで進出していません。

詳しい店舗情報は、下のリンツ公式HPのリンクから確認してみてください。

おすすめ!リンツの人気商品3選

1. リンドール

いちばん人気のシリーズ「リンドール」。名前の由来は、「リンツ」とフランス語で「金」を意味する「Or」を組み合わせた造語です。コロンと丸いチョコレートひと粒ひと粒がキャンディのように包装され、他のメーカーのチョコレートにはない特別な感じが魅力。

フレーバーは、ミルク、ダーク、ホワイト、60%カカオ、70%カカオ、ヘーゼルナッツ、キャラメルなど24種もあり、そのほか季節にあわせた期間限定フレーバーも登場します。

スーパーなどでよく見かけるのは赤いパッケージのミルク。くちどけがよくなめらかです。

WEB限定の10個入りタイプは税込み993円です。

2. タブレット(板チョコ)

リンツのタブレットシリーズは、エクセレンス、クリエーション、レ・グランデ、HELLOの4種類。4種類それぞれにまた細かな種類があり、バリエーション豊富です。

エクセレンスは高カカオチョコレートが%別に複数、フルーツやミルクなどのフレーバーがあります。価格は税込み572円。

クリエーションはチョコレートでペースト状のフィリングを包んだ二層タイプのチョコレート。価格は税込み745円です。

レ・グランデはチョコレートにフルーツやナッツが入った歯ごたえのあるシリーズで、価格は税込み777円です。

HELLOは、キャラメルやヌガーなどソフトなフィリングをチョコレートで包んだシリーズ。価格は税込み550円です。

3. スプレッド

パンに塗ったり、お菓子作りの材料として、また牛乳に溶かして飲むこともできるスプレッド。通常のチョコレートとヘーゼルナッツチョコレートの2種類があります。

価格は税込み1,620円。通常のチョコレートタイプは公式WEBサイト限定のようです。公式WEBサイトには、リンドールの箱とセットになったギフトボックスもありますよ。

リンツショコラカフェのメニュー

ドリンク

リンツはチョコレート中心の店舗。当然ドリンクもチョコレートドリンクです。

ラインナップは、「リンツアイスチョコレートドリンク」がミルク・ダークの2種類、「リンツホットチョコレートドリンク」がミルク・ダークの2種類です。価格はS・Mサイズによっても異なり、600円から800円前後です。

期間限定・店舗限定のドリンクもあり、2018年6月現在はブルベリーホワイトチョコレートドリンクが6月限定で販売されています。

デザート

特集

SPECIAL CONTENTS