ライター : koku_koku

とある郊外に在住。2児の母。 やや健康オタク。発酵、運動、いろいろ取り入れて風邪知らず。みなさんに「そうそう!こういうの知りたかった!」と思っていただけるようなものを書いて…もっとみる

魅力いっぱい!アーモンドチョコ

アーモンドに含まれる栄養素

アーモンドの栄養素の中で注目したいのは、「ビタミンE」と「不溶性食物繊維」、そして「ポリフェノール」の3つ。ポリフェノールは100gあたり、およそ9.3g含まれています。 サラダや野菜炒めなどに入れて合わせて食べたり、おやつに食べたりと食べ方を工夫して毎日少しずつ食べたい食品ですね。

チョコレートに含まれる栄養素

チョコレートもアーモンドと同様に、「ポリフェノール」や「食物繊維」を多く含みます。お菓子として加工する段階で砂糖をたっぷり加えるので嗜好品のイメージが根強いのですが、実はカカオそのものは栄養価の高い食品。 鉄や亜鉛、ミネラルを多く含むので運動量の多い方が栄養補給に食べることもあるようです。鉄は100gあたり2.4mg、亜鉛は100gあたり1.6gです。

1日に食べる量の目安

アーモンドチョコレートは、お砂糖がかなり入っている影響でカロリーが高めです。成人の1日に摂るおやつのカロリーは200kcal以内がおすすめなので、1日に食べる量の目安を商品の成分表記を確認しながら計算しておくとよいでしょう。また、商品によってはメーカーが1日の標準量を定めている場合がありますから、ブランドサイトなどをチェックするのも◎

アーモンドチョコの選び方

アーモンドチョコといっても、本当にさまざまな種類の商品が流通していますよね。あなたはアーモンド重視ですか?チョコレートの味重視ですか?そこで食べるときにおすすめしたいポイントをご紹介していきます。

アーモンドのタイプで選ぶ

アーモンドチョコを口に入れた時に、楽しみたいのはアーモンドの独特の香ばしさ。アーモンドの粒が丸ごと入っているものや、クラッシュしたものが入っているものなど、タイプもさまざまあります。 歯の中にアーモンドが詰まってしまうのが嫌!という方はクラッシュタイプを選びましょう。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS