水割りやロック、ホットでも

その他、水割り、オンザロックス、お湯割りなども楽しめます。 水割りなら、グラスに氷を入れてウイスキー1、天然水2から3の割合で注ぎ、マドラーで軽くかき混ぜます。オンザロックスはグラスに大きめの氷を入れ、お好きな量のウイスキーを注いでチェイサーを用意して楽しみましょう。 お湯割りなら、レモン、ハーブ、ジャムなどのトッピングを工夫して楽しむのがおすすめです。 サントリー公式HPにはウイスキーのおいしい飲み方紹介ページがあるので、そちらを参考にしつつ自分好みの飲み方を見つけてみましょう。以下のリンクからどうぞ。

3種類のトリスウイスキー

1. ウイスキーの芳醇な香りを楽しむ「サントリー ウイスキー トリス クラシック」

ITEM

サントリー ウイスキー トリス クラシック

¥990

内容量:700ml

※2018年6月6日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
「トリスクラシック」は深みのある芳醇なウイスキー。自宅で楽しむ新たなウイスキーとして誕生しました。ロックや水割り、またハイボールなど、どんな飲み方でもおいしくいただけるウイスキーです。

2. ハイボールに合うスッキリ感「 サントリー トリスエクストラ」

ITEM

サントリー トリスエクストラ

¥1,450

内容量:700ml

※2018年6月6日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
「トリスエクストラ」は、ハイボールに合わせやすい爽快さが売り。キレのあるウイスキーに、バーボン樽の原酒を加えてまろやかな味わいに仕上げています。

3. 缶のハイボールで手軽に「サントリー トリスハイボール」

ITEM

サントリー トリスハイボール 缶

内容量:350ml

¥158 ※2018年06月06日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

トリスウイスキーで人気なのはやっぱりハイボール。手軽なのが缶のハイボールです。ベーシックなタイプのほか、「キリっと濃いめ」「コーラハイ」などの種類もあります。 ベーシックタイプはレモン風味ですっきりした味わい。お店で飲むトリスハイボールそのままのおいしさです。

飲み飽きないウイスキー

戦後まもなくの誕生から70年以上愛されてきた「トリス」ウイスキー。もともと廉価版ウイスキーとして誕生しましたが、それが戦後の日本の洋酒ブームを支えてきたんですね。 今、日本は五大ウイスキー産地のひとつにもなり、ハイボールブームに押し上げられる形でウイスキーが再評価されています。トリスウイスキーもハイボールを中心に人気の商品。特にハイボールはいろんな料理に合わせやすいのが魅力です。 トリスクラシック、トリスエクストラ、缶ハイボール。シンプルな商品ラインナップで選びやすいのがトリスシリーズの良さです。
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ