インク…じゃない!? 京都「抹茶共和国」でこれまでにない抹茶体験を

京都「宇治」にある「抹茶共和国」は、抹茶メニューのみを扱うスタイリッシュなカフェ。思わずSNSに投稿したくなる、オリジナリティー溢れるメニューが話題です。どんなお店なのか、斬新なフォルムのドリンクなどをご紹介しながらお伝えします♪

2018年6月1日 更新

“宇治”に登場!「抹茶共和国」

京都「宇治」駅から歩くこと数分のところにある「抹茶共和国 (Matcha Republic)」は、全面がガラス張りで、金色のロゴがまぶしいスタイリッシュなカフェ。宇治抹茶卸専門店のアンテナショップとして、2017年5月にオープンしました。

お店の雰囲気のみならず、「抹茶オンリー」のオリジナリティー溢れるメニューがたちまち話題に。観光客だけではなく、地元の人もたくさん訪れる大人気のカフェなんです。
お店の入り口の“抹茶色”の暖簾をくぐると、そこは白とゴールドの世界。壁に光るゴールドの世界地図がきらりと光ります♪

先にお会計を済ませてから、お店の人が注文したものを運んでくれる半セルフスタイル。足の長いスツールが並べられているカウンター席のほかはスタンディング形式で、カジュアルに「抹茶」を楽しむことができます。

インクボトルみたいな「抹茶インク」

500円(税込)

「こんなの初めて!」と、そのビジュアルが話題のこちらは「抹茶インク」。抹茶ドリンクが、インクボトルのような容器に入って提供される、インスタ映え間違いなしのメニューです。

中の「抹茶ラテ」は、宇治抹茶の風味が豊かで、あっさりとした飲みごたえ。喉を潤してくれるうれしいドリンクです。
店内では、この「抹茶インク」を美しく撮影して、SNSに投稿する人が後を絶たず、中にはまるで絵画のような写真も!洗練された内装と無駄をそぎ落としたフォルムのボトルが、ファインダー越しにアートな世界を造り上げます。
「抹茶インク」は、ラテだけでなく透明感のある「抹茶清水(税込 450円)などのメニュー展開もあり、おみやげにする人も。もらった人の喜ぶ顔が浮かんできますね♪

極上の抹茶を味わうメニューの数々

「岩塩チーズ抹茶ラテ」

R 580円(税込)、M 680円(税込)

ほかにもある抹茶メニューの数々。こちらの「岩塩チーズ抹茶ラテ」は、宇治抹茶に岩塩、チーズが混ぜられた、ここでしか堪能できないメニュー。

クリームチーズに生クリームが合わさって、まったり濃厚な味わい。ヒマラヤ岩塩が味の引締め役です。抹茶の芳醇な香りを存分に楽しめるお店の自慢のひと品は、飲んだ人を必ず満足させてくれますよ♪

「抹茶クレミア」

580円(税込)

「抹茶共和国」では、ソフトクリームも人気です。こちらの「抹茶クレミア」は、プレミアム生クリームソフトに抹茶パウダーがかかったもの。

コーン部分がラングドシャで、風味豊かな生地がクリームと相性抜群。抹茶パウダーがたくさんかけられているので、贅沢に「抹茶」を感じられます♪アイスクリームスタンドやスプーン、トレイまでもゴールドづくしでとっても華やか!ぜひ店内でいただきたいですね。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

akiyon

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう