ライター : 調理師/mau_naka

調理師

フードスペシャリスト/ふぐ取扱登録者/発酵食品マイスター/発酵食健康アドバイザー/漢方コーディネーター/薬膳調整師。やんちゃな男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及…もっとみる

大分の人気お菓子「ざびえる」

「ざびえる」とは、1962年(当時)から長久堂が製造・販売していた大分県大分市の銘菓。大分のお土産と言えば、いちばんに名前が挙がるほど有名なお菓子なんですよ。黒を基調とした赤いラインが入ったベロア調のパッケージで、中は個別包装されており、お土産のお菓子にはめずらしくシックで高級感があるデザインが特徴です。

大分とザビエルの関係

特徴的なネーミングは、宣教師フランシスコ・ザビエルに因んで名付けられました。フランシスコ・ザビエルは、日本に初めてキリスト教を伝え、1551年(天文20年)現在の大分市にあたる豊後国府内でも布教を行ったことで有名。彼はキリストの教えを説くだけでなく、小学校や大病院を次々に立ち上げ、府内の町に南蛮文化も広めたとされています。

一時は製造中止に⁉︎

長久堂が2000年10月に倒産してしまったため、ざびえるは一時製造されなくなりました。旅行者のお土産としてだけでなく、地元の方のお茶請けとしても浸透していたお菓子であったため、復活の要望が強くあったと言います。そんな声を受け、長久堂の元従業員が「ざびえる本舗」という新しい会社を立ち上げ、2001年4月に製造・販売が再開されたんですよ

ざびえるの特徴

味は金と銀の2種類

ざびえるの個別包装には、金色と銀色の2種類があります。この包装によって味が違い、金色の包装にはラム酒漬けのレーズンを刻みこんだ餡が、銀色の包装には純和風の味わいの白餡が入っているんです。どちらの餡もしっとりした食感で、バターの風味が豊かなサクサクとした洋菓子の皮との相性が良く、50年以上愛され続けています。

カロリーと賞味期限

ざびえるのカロリーは1個33gあたり約114キロカロリーと、しっかりした食べ応えのある洋菓子としては低めです。賞味期限は常温保存で30日間と、持ち帰って渡すまでの時間も取れるので、お土産としても使いやすいですよね。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS