ライター : 調理師/mau_naka

調理師

フードスペシャリスト/ふぐ取扱登録者/発酵食品マイスター/発酵食健康アドバイザー/漢方コーディネーター/薬膳調整師。やんちゃな男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及…もっとみる

メリタのコーヒーメーカーで淹れたてのおいしさを。

メリタ(melitta)とは

メリタ(melitta)は、1908年創業のドイツに本社があるコーヒー機器総合メーカーです。日本においてはメリタジャパンとして運営されています。現在では定番となったペーパードリップシステムを開発した会社としても有名です。 創業のきっかけとなったペーパーフィルターをはじめ、業務用や家庭用に向け、コーヒーマシンやコーヒーメーカー、グラインダーなど、コーヒーにまつわるさまざまな製品を開発・製造・販売しています。

コーヒーメーカーの種類と価格

メリタのコーヒーメーカーのラインナップには、「スタンダード」と呼ばれる2杯〜5杯を抽出できるレギュラータイプと、「ラージ」と呼ばれる2杯〜10杯まで抽出できる大容量タイプがあります。 スタンダードのラインナップにおけるメーカー希望小売価格は5.5千円~1万5千円、ラージのラインナップでは1万円~1万7千円と幅を持った設定になっています。さまざまな機能のものを比較し、自分に合ったものを選んで購入することができるんですよ。

メリタのコーヒーメーカーの特徴

メリタこだわりの1つ穴抽出

メリタといえば、1つ穴フィルターが特徴なんです。1908年開発当初は無数に抽出口があいている茶こしのようなフィルターでしたが、大きな1つ穴、4つ穴、3つ穴など改良を経て、1963年に現在のモデルとなる1つ穴が完成。 この1つ穴は、正確な時間で抽出されるように計算されていて、一度に給湯することが可能、お湯を何回かに分けて注ぐ必要がありません。“誰でもおいしいコーヒーを作れる秘密”それがメリタ特有の、1つ穴フィルターです。

コーヒーのおいしさ長持ち

メリタのコーヒーメーカーの特徴ともいえるのが、ステンレスポッド。他社のコーヒーメーカーによくある、ポッド下のヒーターで保温するタイプとは違い、保温性が高いステンレス製真空二重構造のポッドが採用されているものがあります。熱が加わらないので煮詰まることがなく、あたたかいまま、おいしさが長持ちするんですよ
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS