ペンダントライト

チェーンやコードで天井から吊り下げられた照明を指す、ペンダントライト。照明の位置が、シーリングライトよりも低くなりますが、お部屋のアクセントにもなる照明の形です。また、吊り下がっていることによって、シーリングライトよりも強い光を受けることができます。手元を強く照らしたいという人におすすめの照明です。

スポットライト

この場所に集中的に灯りが欲しいというときに使えるスポットライト。キッチンやお部屋の暗くなりがちな隅などの場所に、ピンポイントで光をあてることができるので便利です。天井に固定されるフランジ式、そしてライティングレール式というレール上にスポットライトを取り付けるタイプがあります。ライティングレール式であれば数を増やして多角的に照らすことができるので、場面に応じて効果的に使うことができます。

キッチンライトの選び方

取り付け場所に合わせた種類を

どんな場所で使うライトであっても、その場面で1番いい仕事をしてくれるライトを選ぶことが重要!天井に付けることができるシーリングライトやダウンライトをベースライトとして、お部屋の暗さやどういった灯りが欲しいのかを参考にライトを選んでいきましょう。キッチンやダイニングのアクセントになるような灯りがほしい場合にはペンダントライトを、作業する手元をもっと強く照らしたいときや暗がりになりやすいカウンターキッチンの周りにはスポットライトを選ぶとその能力を遺憾なく発揮してくれるはず!

手元が見えやすい明るさ

キッチンでの作業には刃物や熱いものなど、手元が狂うとちょっとしたアクシデントになりかねない要素がたくさんあります。特に夜間の作業には注意が必要!手元がきちんとピンポイントでライトアップされるスポットライトや、手元の近くまでライトを引っ張り、照らすことができるペンダントライトなどを使うと作業をしている部分を見やすくすることができます。

キッチンのデザインと合わせて

どんな人も、キッチンやダイニングのインテリアや雰囲気にあったライトを使いたいですよね。すっきりとしたキッチンを目指したい、シンプルにまとめたいという人はダウンライトを使うと壁や天井をフラットに見せることができます。また、キッチンやダイニングのデザイン、色合いなどと合わせたものが欲しいときにはペンダントライトを使うと、モダン、レトロ、かわいいなどコンセプトに合わせたキッチンにすることができます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ