人気のムーミンマグカップ18選♪ プレミア価格が付くレアものまで!

世界中にコレクターの多いムーミンマグカップ。見た目のかわいさはもちろんのこと、商品に秘められたストーリー性も魅力のひとつです。そこで今回は、人気のムーミンマグカップ18選をご紹介。プレミア価格が付いたレアものも登場しちゃいますよ♪

コレクター続出!ムーミンマグカップ

子供から大人までみんなが大好きなムーミン。これまでに世界中でさまざまなムーミングッズが発売され、多くの人々を魅了し続けてきました。

中でも特にコレクターが多いのがマグカップで、各メーカーからいろいろなデザインのものがいくつも販売されています。ものによってはプレミア価格がついている商品もあり、ムーミンファンだけでなく、レアもの好きの方たちからも注目を集めているようです。

特に人気はアラビア社のムーミンシリーズ!

ムーミンのマグカップは、世界中のさまざまなメーカーから発売されていますが、中でも種類が豊富で不動の人気を集めているのが「アラビア社」の製品です。

「アラビア社」は、フィンランド・ヘルシンキ郊外のアラビア地区に1873年に誕生した、由緒ある陶器製造メーカー。優れたデザイン性・芸術性を保ちながらも、使い勝手を考慮した実用的な商品をいくつも発表しています。ムーミンをモチーフにした商品も「アラビア社」を代表する人気シリーズとなっており、マグカップのラインナップも他社に類を見ない充実度です。

プレミア価格が付いている商品って?

「アラビア社」ではこれまでに、80種類以上ものムーミンマグカップを発表しています。日本では通常2,000~3,000円台で売られていますが、季節ごとのデザインや記念モデル、廃盤になった商品などにはプレミア価格が付いていることも珍しくありません。

そういったものは、インターネットオークションで高値で売買されており、中には数万円で落札されているものもちらほら見受けられます。2005年に2005個だけ限定発売された“Moomintroll Daydreaming”という商品は、10,000ユーロ、つまり日本円で約141万円で取引されたこともあるそうです。

山加商店(yamaka)のムーミンマグカップも人気!

日本でもムーミンマグカップは製造されており、その大半が岐阜県土岐市にある陶磁器メーカー「山加商店(yamaka)」で作られています。

「山加商店」は大正2年創業の老舗で、国内外陶磁器の仕入販売および自社製品の製造販売をメインにおこなっている会社です。一般食器に加え、キャラクターものも多数手がけており、ムーミンシリーズのマグカップも主力商品のひとつとなっています。

それらマグカップのデザインは比較的やさしげな色使いのものが多く、価格も全体的にリーズナブルです。「アラビア社」の製品はどれも同じ大きさ・容量ですが、「山加商店」では、さまざまな形状のムーミンマグカップを製造しています。

全部欲しい!アラビア社のムーミンマグカップ10選

1. プレミア価格が付く予感?「アラビア社 ムーミンマグカップ LOVE」

ムーミンとフローレンがハグしている様子が描かれた、とってもキュートなピンク色のマグカップ。現行商品の中でも特に人気の高いひと品で、次に廃盤になるのはこれではないかとささやかれている代物です。手に入れるなら今のうちかも!?

2. 人気キャラが勢ぞろい「アラビア社 ムーミンマグカップ 2017年冬限定 Spring Winter」

こちらは2017年冬限定のマグカップ。原作「ムーミン谷の冬」より、冬眠から目覚めたムーミンとリトルミイが雪山の中で遭遇するシーンが描かれています。反対側には太陽を背に歩くスナフキンも登場し、人気キャラクターがそろってデザインされた嬉しいひと品です。

3. 豪華な顔ぶれ「アラビア社 ムーミンマグカップ 2018年夏限定 Going on vacation」

ムーミン一家が夏休みに、無人島へ出かける準備をしている様子が描かれた、2018年夏限定モデルのマグカップです。ムーミン、フローレン、ムーミンパパ、ムーミンママが登場する豪華なデザインで、賑やかでアットホームな雰囲気のひと品。

4. トーベ・ヤンソンの感情を表現「アラビア社 ムーミンマグカップ True to Its Origins」

特集

SPECIAL CONTENTS