ライター : pomipomi

会社勤めをしつつ、空き時間を利用してmacaroniのライターをしています。料理・創作・ヒュッゲ・沖縄が大好きな、湘南在住のグルメ女子です。YouTubeでは、簡単・おいしい・美しいをテ…もっとみる

350ml用のサーモス水筒カバー3選

1. 定番人気商品「サーモス マイボトルカバー シルバー」

ITEM

サーモス マイボトルカバー シルバー

仕様:JNL-0.35L専用

¥650〜 ※2018年05月17日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

こちらのボトルカバーは、2016年9月に発売されたサーモスの人気商品です。350mlと500mlの2サイズがラインナップしており、カラーはベーシックな4色展開。クッション性のある素材で水筒にキズがつくのを防いでくれます。

2. 男女問わず使える「サーモス マイボトルカバー ネイビー」

ITEM

サーモス マイボトルカバー ネイビー

仕様:JNL-0.35L専用

¥650〜 ※2018年05月17日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

安定感のあるしっかりとした作りで、立てて置いても倒れにくいのがこの商品の持ち味。先ほどご紹介したシルバーと同様、こちらのネイビーも定番人気のアイテムです。汚れが目立ちにくく飽きの来ない色味で、長く使えそうなひと品。

3. プレゼントにも最適「サーモス マイボトルカバー レッド」

ITEM

サーモス マイボトルカバー レッド

仕様:JNL-0.35L専用

¥650〜 ※2018年05月17日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

女性に愛用者の多いレッドは、年齢問わず使える落ち着いた色合いが人気の理由となっています。お手頃価格ということもあり、ちょっとしたお返しやプレゼントにも重宝しそうなひと品。カバーを装着したまま飲める手軽さもポイントです。

400ml用のサーモス水筒カバー3選

4. キュートなデザイン「サーモス ボトルポーチ コーラルピンク」

ITEM

サーモス ボトルポーチ コーラルピンク

仕様: FHL-400F(ストローボトル)専用

¥1,080 ※2018年05月17日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

女子中高生やOLさんに人気が高いのがこちらのひと品。ピンクベースに花柄をモチーフにした、なんともかわいらしいデザインの水筒カバーです。ストラップには肩紐カバーがついており、長時間の持ち運びも負担になりません。

5. 男の子向け「サーモス ボトルポーチ スカイブルー」

ITEM

サーモス ボトルポーチ スカイブルー

仕様: FHL-400F(ストローボトル)専用

¥982 ※2018年05月17日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

飛行機や車が描かれたこちらの水筒カバーは、乗り物好きの男の子にぴったりのひと品。持っているだけで楽しい気分になれそうな、元気で明るいデザインの商品です。肩紐カバー付きなので、小さなお子様でも持ち運びが楽々。

6. 愛らしさ抜群「サーモス ボトルポーチ ミッフィ」

ITEM

サーモス ボトルポーチ ミッフィ

仕様:FFI-400FB(ストローボトル)専用

¥1,080〜 ※2018年05月17日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

子供も大人も大好きなミッフィのボトルカバーは、どこに置いてもすぐに目につくビビッドなカラーが持ち味。ミッフィ好きはもちろんのこと、ミッフィファンならずとも、思わず欲しくなってしまいそうな愛らしいひと品です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS