ローディング中

Loading...

上海を代表するローカルフード「焼き小籠包」。香ばしいカリカリの生地が小籠包の更なるおいしさを引き出しています。中から溢れ出す肉汁は濃厚ジューシー♪一度食べればやみつきになること間違いなしです!

ジューシーうまい!「焼き小籠包」

焼き小籠包とは、本場の中国では「生煎饅頭」と呼ばれている上海を代表するローカルフード。小籠包より少し厚めのモチモチ食感の小麦粉の生地が特徴的です。
豚肉を包んで鉄板で香ばしく焼き上げることが、小籠包との違いです。中からは濃厚なスープがあふれ出してたまらないおいしさです。
焦げ目の付いた部分の皮のカリカリ感と中からあふれるジューシーな肉汁で上海では、小籠包よりも愛されているそう。

おすすめの「焼き小籠包」が食べられるお店5選

こんなおいしそうな焼き小籠包食べてみたいですよね!焼き小籠包が食べられるおすすめのお店を紹介します!

大山生煎店(自由が丘本店)

大きな鉄鍋で焼きあげた焼き小籠包はモチモチ&カリッとした皮に仕上がっています。大山生煎店は上海の老舗人気店「阿三生煎館」の秘伝のレシピを日本人では初めて伝授してもらったことにより、現地に近い本場のおいしさを味わうことができるというワケです。

上海 焼き小籠包(吉祥寺)

吉祥寺駅のハーモニカ横丁の中にあるお店。焼き小籠包のみの専門店となっています。テイクアウトのみでイートインスペースはないのでご注意を。たまに行列ができているほどの人気店です。

弄堂(大阪)

手頃な値段で食べ応えが抜群と評判のお店。丁寧におすすめの食べ方も教えてくれるとか。まずはスープ飲んでコクを楽しんだら、モチモチ食感の皮をパクリ!黒酢やラー油でアクセントをつけてもおいしいです。

王府井(横浜)

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ

新鮮な鯛を使ったカルパッチョを作ってみましょう!材料たったの3つでできるカルパッチョソースの作り方と、ソース別のアレンジレシピ7選をご紹介します。鯛のカルパッチョを、ご家庭で優雅に満喫しちゃいましょう。

レシピ スープ まとめ

グラタンやサラダに使われることの多い「マカロニ」。今回は、マカロニを使ったスープのレシピに焦点を当ててご紹介したいと思います。コンソメを使ったやさしい味わいのものから、クリームスープといった濃厚なものまでさま…

じゃがいも まとめ

寒い日は、ほっこりしたい。そんなときにおすすめの食材が、体を温めてくれるじゃがいもです。どんな料理にも合いますが、今回おすすめするのは「味噌汁」。玉ねぎ、大根、わかめなど、いろいろな食材と組み合わせた簡単レシ…

まとめ

プチプラでかわいい雑貨がそろう、大人気のダイソー。この秋にもおしゃれで胸キュンな新商品が、続々お目見えしています。そこで今回は、新商品の中からおすすめのグッズを厳選してご紹介します。秋の行楽やハロウィンパーテ…

チョコレート お菓子 スイーツ まとめ

カカオポリフェノールを多く含んだハイカカオのチョコレートが、その高い健康効果から、今注目を浴びているんです。今回は、メーカー各社から発売されているハイカカオチョコレートの中から、厳選して6つの話題な新商品をご…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

新宿 デート おしゃれ カフェ まとめ

今回はランチからディナーまで利用できる、新宿のおしゃれカフェを10選まとめました。テラスや個室、バーのあるカフェなど個性豊かなカフェが勢揃い!アクセス抜群なので、買い物ついでに寄ってみてはいかがでしょうか。あ…

フードフェスティバル まとめ 代々木

2015年度に代々木公園で行われるイベントで、フード関連のものだけを厳選しました♡いろいろなお店や国の料理が食べられるフード系イベントは、毎回多くの人でにぎわっています♪

東京 ランチ まとめ

「孤独のグルメ」という松重豊さんが主演で、ドラマ化されたことでも話題の漫画をご存知ですか?今回はそんなドラマの中に登場した松重豊さん演じる井之頭五郎が実際に食べた東京の美味しそうなグルメを6店舗ご紹介します♫

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

生茶にぴったりなお肉料理の写真をInstagramにアップするだけで、料理研究家・きじまりゅうたさんセレクトの高級お肉セットが当たる「#フォトジェ肉生茶」キャンペーンを開催します!とっておきの1枚で参加してみ…

おにぎり お弁当

カレーや麻婆豆腐など、人気の定番おかずがおにぎりの具に変身する「おにぎり丸®️」をご紹介します!ボールのような見た目なので、スポーツキッズの応援弁当にぴったり。おにぎりをテニスボールや野球ボール風にデコるアイ…

ローストビーフ

お肉料理と「キリン 生茶」のマリアージュをご紹介。「ワイルドな味わいに合うの?」と不思議に思うかもしれませんが、奥行きのある深い味わいが、お肉の繊細なうまみを引き立てるんですよ!料理研究家・きじまりゅうたさん…

ページTOPに戻る