使いやすいおすすめの漬物石3選

1. 持ちやすい!「10kgの漬物石」

ITEM

リス漬物石 ポリエチレン

¥1,586

サイズ:直径27.4×高さ10cm

※2021年1月16日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
取っ手が持ちやすい作りになっている、漬物石です。材質はポリエチレン製なので、塩分にも強く、丈夫なので長持ちしますよ。少し大きめのサイズですが、10kg~20kgの梅干しや漬物を作るにはベストな大きさです。1年分のお漬物を漬けこむ時間を、楽しみながら作りましょう。

セメントをポリエチレンでコーティングした漬物石は、1kg~20kgまで重さのラインアップが豊富です。用途に合わせて使い分けてくださいね。

2. 四角い容器での漬物づくりなら「角型 つけもの石 」

ITEM

トンボ 角型 つけもの石 7型

¥2,002〜

サイズ:サイズ:幅35.520.5×奥行20.5×高さ7.5cm

※2021年1月23日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
漬物は四角い食品用ストッカーでつけることも可能です。四角い容器には四角い漬物石の方が食品全体に重しがかかりやすい角型のものを選ぶのがおすすめ。ポリエチレン製の丸い漬物石同様、重さのバリエーションが豊富なので、容器のサイズや漬ける量に合わせて選びましょう。

3. 複数枚の陶器で重さを調節「漬物器」

ITEM

ヤマキイカイ 漬物器 茶

¥2,420

サイズ:(約)径21.5x高さ4.5cm

※2021年1月24日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
陶器でできた漬物用の重石です。1枚2.2kgあります。漬物石の重量を重くする必要がある漬けはじめには、複数枚を重ねて使い、材料から水分が出てきたら枚数を減らし重さを軽くできるという利点が。陶器の漬物器にぴったりのサイズで、漬物石の重量を変更することが多い梅干しづくりにおすすめです。

4. 浅漬けや水切りに便利「1kgの漬物石」

ITEM

トンボ つけもの石 1型

¥450〜

サイズ:幅95×奥行95×高さ95mm

※2021年1月23日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
「毎日の食卓にお漬物がない生活なんて考えられないわ!」という方は、1kgサイズの漬物石がおすすめ。冷蔵庫に余っている野菜を、ササッとお漬物にしてしまいましょう。持ちやすく、洗いやすいのでメンテナンスもお手軽です。

5. ぬか漬けや浅漬けに使いやすい「池永鉄工 重石」

ITEM

池永鉄工 重石

¥1,218〜

サイズ:(約) 幅15.5×奥行10×高さ1.5(cm)

※2021年1月23日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
鉄製の漬物用おもしです。四角いので保存容器での浅漬けづくりに便利。こちらはぬか漬けづくりにおすすめ。鉄製なので、なすなど食材によっては、古釘などを入れなくても色揚げがよくなる効果と、適度な重さでぬかの水分量を適切に保つ効果とが期待できます。

6. おもしと漬物容器のセット「おもしちゃん」

ITEM

トンボ おもし付 つけもの器

¥1,052〜

サイズ:幅26×奥行17×高さ18cm

※2021年1月23日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
漬物容器と漬物石のセット商品。漬物石のサイズが容器にジャストフィットなので、野菜と塩を入れて重石をすれば、簡単に浅漬けを作ることができます。主に浅漬けに使います。これから漬物づくりにチャレンジしてみたい!という方には、容器と重石のセットがおすすめです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ