日本が世界に誇る「ミソノ包丁」おすすめ8選!その伝統と特徴も

岐阜県関市といえば全国的にも有名な刃物の町です。その関市を代表する刃物ブランドといえばやはり「ミソノ刃物」今回は、料理にこだわりがある人、大切な人への贈り物に最適な一生使いたいと思えるミソノ刃物の包丁をご紹介します。

2018年5月21日 更新

ミソノは日本を代表する包丁メーカー!

800年の伝統を誇る刃物の町、岐阜県関市を代表する刃物ブランド「ミソノ刃物」とは、名人のような熟練した職人達が伝統を守りながらも、その上に先端技術を駆使し高度な技で1本1本鍛錬に作り上げていく調理刃物の生産メーカーです。

その卓越した技術は日本刀から受け継がれ、特にプロの料理人が絶賛。ファンが多いことで知られています。

伝統の技術と、最先端の加工技術の融合を見事に確立させたミソノ包丁は日本のみならず世界的にも有名です。

ミソノの包丁の特徴

皆さんは和包丁を思い浮かべたとき「重い」というイメージがありませんか?ミソノ包丁の最大の特徴といえばその「軽さ」。ただ軽いだけではなく全体のバランスもよく、包丁をコントロールしやすい点が特徴として挙げられます。

また、日本刀から受け継がれたその切れ味は、世界の一流シェフも絶賛しております。欧米では重い包丁が一般的だったのですがミソノ包丁の軽さ、使い心地のいいバランスのよさ、抜群の切れ味で世界的にも人気を得ています。

ミソノの包丁シリーズは?

UX10シリーズ

ミソノ包丁で大人気のフラッグシップモデルともいえる「UX10シリーズ」は、軽さだけでなくミソノ最高ランクの切れ味を持ち、切れ味の持続性も抜群。スウェーデン特殊鋼の最高峰である「高純度ピュアステンレス鋼」で製造され、焼き入れ後は急速冷却の「サブゼロ加工」が施されているのでサビに強く一生使える包丁となっております。

440シリーズ

「UX10シリーズ」がプロ仕様の包丁の最高峰だとしたら、440シリーズはご家庭で大満足いただける納得の包丁だと思われます。

こだわりのある方、料理を作るのが大好きな方へオススメしたいワンランク上の家庭用包丁。ハイステンレスモリブデン鋼が使用されておりサビにくく、欠けにくい、切れ味が長持ちする包丁です。

モリブデン鋼シリーズ

ハイカーボン高級13クロム・ステンレス・モリブデン鋼を使用したミソノ包丁。

こちらの包丁もサビに強く切れ味のいい包丁です。一般的なご家庭で使用するなら十分満足していただける商品となっております。

プロ仕様、こだわりの包丁とは違いお求め安い価格になっており多くのご家庭で幅広く使われているのもこちらの包丁です。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

emi_

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう