ライター : motte

都内に住む主婦です。1歳&4歳の娘と、日々育児という名の格闘中です♡好きなことはおいしいものを食べること、食品サンプルを眺めること、旅行、編みもの。英語とフランス語が大好きで…もっとみる

そもそも黒豆茶って?

実は黒豆は、古くは薬として使われていた食材のひとつ。なんと、中国最古の薬物書にも記述が残っているのだそうですよ。黒豆茶は、そんな黒豆を使って作るお茶のこと。黒豆はノンカフェインの食材なので、カフェインをあまり摂取したくない方も安心して飲めるお茶なんです。 気になる味わいは、黒豆の甘みが感じられる飲みやすいタイプ。さらにそこに香ばしさも加わり、ひと口飲んだらヤミツキになってしまう方も多いんだとか。

黒豆茶の種類と淹れ方

プレーンタイプ

プレーンタイプの黒豆茶は、黒豆がそのままパッキングされているアイテムです。煮だすタイプのものもありますが、黒豆に熱湯を注ぐだけでお手軽においしくいただけるものもありますよ。こちらのタイプのメリットは、なんといってもお茶として楽しんだあとの黒豆を食べられることです。

ティーバッグタイプ

ティーバックタイプの黒豆茶は、お手軽に楽しめるのが嬉しいポイントです。忙しい朝や疲れて帰ってきた夜でも、お湯が入ったカップにティーバッグをポンと入れるだけで、簡単に黒豆茶を飲めちゃいます。また保管も簡単なので、たっぷり買っても安心ですよね。初心者さんにおすすめしたいのもこちらのタイプです。

飲むタイミングや飲む量は?

黒豆茶は栄養が豊富でノンカフェイン……それだけを聞くと、たくさん飲めば飲むほどいいのでは?と考えがちですが、ちょっと待って。「過ぎたるは及ばざるがごとし」とはよく言ったもので、飲み過ぎも考えものなんです。 では、黒豆茶は1日でどれほど飲むのが望ましいのでしょう?いろいろな説がありますが、一般的には1日に3~4杯程度と言われています。もちろん普段の食生活によってもこの値は変わってきますので、ご自分の食生活とよく相談しながら楽しみましょう。特に普段から大豆食品をよくとる方は、バランスに注意しながら飲んでくださいね。

通販で買えるおすすめ黒豆茶5選

1. みんなで飲めちゃうたっぷりサイズ「黒豆茶」

ITEM

黒豆茶

内容量:1,000g

¥1,995〜 ※2018年05月05日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

最初にご紹介するのは、北海道で栽培された極小粒品種の黒大豆を使った黒豆茶です。低めの温度で丹念に焙煎されているので、お茶としていただいたあとの黒豆もおいしく食べられますよ。1kgとたっぷりサイズで、家族全員で飲めますね。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS