オリジナルエプロンの作り方♪ 便利なキットの紹介も

毎日、体にぴったりと寄り添うパートナー「エプロン」。お気に入りのエプロンがあれば、家事も楽しくなりそうです。今回はエプロンをハンドメイドするときのポイントをご紹介していきます。お子さま用のキッズエプロンの作り方も参考にしてみてくださいね。

2018年5月10日 更新

まずはデザインを決めよう

定番のビブエプロンが人気!

ビブエプロンとは、首からかけるタイプのエプロンのことを指します。雑貨屋さんや、衣料品店さんで一番見かけるタイプのエプロンですね。首にポンとかけ、後ろで結ぶだけで簡単に装着できます。なかには、紐を後ろでクロスし前で結ぶタイプのものもありますね。ウエストのラインが強調できるので、きれいなラインを魅せることことができるんですよ♪

ビブエプロンは、機能的なので動き回ることが多い方にぴったり!ポケットが付いているデザインが多いため、携帯電話やメモ帳、手拭きタオルを入れることができます。

おしゃれなカフェエプロンもすてき!

おしゃれなカフェでお出迎えしてくれるような、すてきな店員さんの制服がカフェエプロンです。腰に紐を回すだけで、簡単に装着できますよ。丈はひざ上タイプのものから、足首タイプのものまでさまざま。

ひざ上タイプのカフェエプロンは、気軽にエプロンを使いたい方におすすめです。足首タイプのカフェエプロンは、通称「ギャルソンエプロン」とも呼ばれています。スリムなロングスカートのような形なので、冬は温かそうですね♪

簡単にかぶれるチュニックエプロンも!

ワンピースのように、上からスポッとかぶるだけのエプロンをチュニックエプロンと言います。デザインはさまざまのものがあるのが特徴的。保育園や幼稚園の先生が着ているようなエプロンも、チュニックエプロンです。

最近はおしゃれなチュニックエプロンがたくさん販売されており、なかにはちょっとお出掛けできるようなデザインのものも。丈やリボンの有無、生地が異なるだけでイメージがガラッと変わりますよ。

エプロンは生地にもこだわりを

リネン

自然な麻素材を使用したリネンのエプロンは、ナチュラル派の方に人気があります。リネンの特徴は、なんといっても通気性がよく、べたつかないこと。暑い夏や蒸し暑い梅雨時期でも、サラッと快適に装着できるのがうれしいポイントです。

リネン生地の欠点は、洗濯をするとどうしてもシワが目立ってしまうこと。でも、意外とリネン生地のシワならおしゃれに見えてしまうので、問題はありませんよ◎。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

cucunyaroti

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう