新種のみかん!紅まどんなとは?食感はまるでゼリーのよう!?

紅まどんなは愛媛で生産、販売されている新しい品種のフルーツです。ジューシーな甘さとプルンとした食感が特徴です。紅まどんなの特徴や味わい方、そしてインターネットで買えるおすすめ商品までご紹介していきます。

2018年5月31日 更新

果汁たっぷりみずみずしい

紅まどんなは果汁がたっぷりと含まれていて、みずみずしさが売りのフルーツでもあります。とても甘い香りの果実は、口に含むと一気に果汁がとろけだし、ゼリーのようなジューシーさがあるとも言われていますよ。

さっぱりと味わいたいときにも、みずみずしい紅まどんなならぴったりですね。

紅まどんなの産地

紅まどんなは、愛媛で開発されたオリジナル品種の柑橘系フルーツです。愛媛の中でもとくに、松山市、今治氏が主な産地となっています。

紅まどんなは皮が薄く、デリケートなフルーツであるため、その栽培にはさまざまな工夫がなされています。基本はビニールハウスなど雨が当たらない場所で栽培されており、雨などで紅まどんなが傷ついてしまうことがないよう注意が払われていますよ。

紅まどんなの食べ方

紅まどんなは、甘味が強くジューシーなのでやはりそのままいただくのが最もおすすめです。皮が薄いので、手で剥くと果実が崩れてしまうこももあるので、カットして食べましょう。

スマイルカットと呼ばれる方法でカットするのが食べやすいですよ、縦に2等分したあとに、真ん中から3から4等分に分けましょう。さらに、皮と果実の間に切れ込みを入れておくと、皮と果実が簡単に分けられてより食べやすいです。

贈答用にも人気!旬の時期と値段は?

2 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

pom

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう