ライター : aaanrin

音楽、犬、写真が好き。餃子があれば生きていける。

お茶好き注目の9店舗をご紹介!

暑い季節も寒い季節も、一年を通して親しまれている「お茶」。一杯味わうだけで心地よいひとときを過ごせる日本茶が、最近じわじわと再注目を集めています。 さまざまな楽しみ方ができるお茶を通じて、日本ならではのおもてなしを堪能してみませんか?静岡には、お茶の魅力を最大限に引き出したスイーツやドリンクが数多く存在しているんですよ。その中でも特におすすめしたいお店をご紹介します。

1. MARUZEN Tea Roastery

「MARUZEN Tea Roastery(マルゼンティーロースタリー)」は、2018年1月にオープンしたばかりの新しいお店。店内にはお茶の焙煎工房を併設し、最上級の一番茶のみがその場で温度帯別にマイクロロースト(少量焙煎)されます。
「80℃、100℃、130℃、160℃、200℃」の温度帯から選べる、新たなお茶の楽しみ方。煎茶からほうじ茶までのフレッシュさと香ばしさのグラデーションを、冷たいジェラートやドリンクを通して堪能できます。

店舗概要

MARUZEN Tea Roastery(マルゼンティーロースタリー) 住所:静岡県静岡市葵区呉服町 2-2-5 営業時間:11:00〜20:00 定休日:不定休 公式サイト:http://www.maruzentearoastery.com/

2. ななや

数多くのメディアでも紹介されているななやの本店「ななや 藤枝店・自家製菓子工房」。藤枝産の静岡抹茶ジェラートを7種類の異なる濃さで提供しています。一番濃いNo.7は、世界で一番濃い抹茶ジェラートと言われるほど。その他にも、ミルク味やほうじ茶味も取り扱われています。

店舗概要

ななや 藤枝店・自家製菓子工房 住所:静岡県藤枝市内瀬戸141-1 営業時間:10:00〜18:00 定休日:水曜日 公式サイト:http://nanaya-matcha.com/

3. chuan

静岡県産抹茶やほうじ茶、旬のフルーツなどこだわりの素材を使用したかき氷や甘味、ドリンクが楽しめるカフェ「chuan(チュアン)」。ここでは、1年中色々なかき氷が提供されています。 溶けるギリギリの温度で保存している氷を削ったふわふわのかき氷は、頭が痛くなりにくく、とても食べやすいと評判です。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS