誰もが知りたい「羊羹」の名店商品おすすめ7選!変わり種も

凛とした美しさと上品な甘さを持つ羊羹。時代を越えて愛されている羊羹は、和菓子を代表する菓子のひとつです。多くの店が羊羹を販売していますが、店によって味はさまざま。これぞ羊羹といわれる名店のほか、羊羹の歴史や種類についてもご紹介します。

本当においしい羊羹は?名店ってどこ?

羊羹が中国から日本に伝わったのは、鎌倉時代から室町時代といわれています。留学した禅僧が持ち帰ったもので、羊羹の名からもわかるように羊の肉を用いたスープでしたが、禅宗では肉食が禁じられているため、小豆などを用いて作られていました。

日本で作られるようになった羊羹は、当初、小豆を小麦粉や葛粉と蒸す蒸し羊羹。当時砂糖は大変貴重であったため、煉羊羹(れんようかん)が多く食べられるようになったのは、江戸時代中期頃のことといわれています。小豆、寒天、砂糖で作られる煉羊羹は、原料や作り方で味に差が出る菓子。多くの店が独自の味の羊羹を作り出しています。

羊羹の種類は主に3種類

羊羹の分類方法はいくつかあり、一般的には主に3つの種類に分類されます。

煉羊羹

寒天の量が多く、固くねっとりした食感。甘味も強い。餡に寒天を加え練り上げ、羊羹型に入れ固める。

蒸し羊羹

生地を羊羹型に入れ蒸し上げる製法。原料には寒天ではなく、薄力粉や葛粉が使われる。もっちりした食感で甘さは控えめ。

水羊羹

水分が多くなめらかで、さっぱりした甘さ。口どけが良い。寒天液は型に入れ、冷やして固める。
ほかに、芋を原料とした芋ようかん、栗が入った栗羊羹などもよく知られています。

羊羹の賞味期限はどれくらい?

羊羹の賞味期限は、羊羹の種類により異なります。砂糖を多く含み、水分を飛ばしながら作る煉羊羹の賞味期限は1年前後。水羊羹も3・4ヶ月と長めですが、蒸し羊羹の賞味期限は3日~1週間というものがほとんどです。蒸し羊羹には小麦粉などが使われていること、また水分量も多く、栗が入っているものもあるため、賞味期限が短めになります。

これぞ王道の羊羹!名店はココ!

1. いろいろな味が楽しめる!とらや「小形羊羹」

一回で食べ切れる、ひと口サイズの小型羊羹です。こちらはとらやを代表する羊羹「夜の梅」「おもかげ」をはじめ、さっぱり味の抹茶入り、ほのかに甘い紅茶入り、やさしい甘さのはちみつ入りなどが入っているセット。いろいろな味が楽しめます。

2. とろけるような口溶け!たねや「のどごし一番本生水羊羹」

毎年4月から9月下旬頃までの夏季限定商品ですが、大変人気のある水羊羹です。口に入れると溶けるような食感で、のどごしなめらか。さっぱりした甘さで上品な味わいです。作りたてのおいしさを!と何度も試作を繰り返し誕生した、たねやの自信作です。

3. 芋の味を堪能!舟和「芋ようかん」

特集

SPECIAL CONTENTS