2. かりんとうは2種類のみ!軽い食感が魅力の「たちばな」

創業1909年(明治42年)という銀座の老舗、たちばなは、東京かりんとう御三家のひとつとしても知られています。銀座8丁目の店舗へは、新橋駅や銀座駅からがおすすめ。和風の間口も店内も決して広くはありませんが、風格があり歴史を感じられます。 通信販売はしておらず、店舗でしか購入できません。

どっちも食べたい2種類のかりんとう「ころ」と「さえだ」!

袋入り(ころ・さえだ):900円(税抜)

販売されているかりんとうは、「ころ」「さえだ」の2種類のみ。どちらも白砂糖が使われており、上品な味わいです。太く短い「ころ」は、サクサクの食感で甘さ控えめ。「さえだ」は小枝という意味のとおり細長く、蜜がしっかりしみこんでいる甘めのかりんとうです。袋入り、丸缶、角缶の3タイプで販売されています。

店舗情報

■店舗名:たちばな ■最寄駅:JR新橋駅・東京メトロ銀座線 新橋駅より徒歩約5分、東京メトロ銀座線 銀座駅より徒歩約8分 ■電話番号:03-3571-5661 ■営業時間:月曜~金曜:11:00〜19:00・土曜:11:00〜19:00 ■定休日:日曜・祝日 ■参考HP:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13022189/

3. つややかな白砂糖のかりんとうが人気の「ゆしま花月」

こちらも東京かりんとう御三家のひとつ、ゆしま花月。1947年(昭和22年)の創業以来、変わらぬ場所で変わらぬ味を作り続けているお店です。 地下鉄湯島駅、上野広小路駅からは徒歩3分、JRは御徒町から徒歩5分ですが、上野からでも10分ほど。散歩や観光と併せて行くことも可能です。

ゆしま花月 かりんとう

かりんとう単衣:540円(税込)

琥珀色が美しいかりんとうは、白砂糖をべっこう飴のように煮詰めたものをからめているため、外側はカリカリ、中はサクサク。つやつやで質感があり、しっかり揚がっているので香ばしさもあります。 作り方にもこだわりがあり、発酵させた生地は、温度が異なる釜で3回揚げられて作られているそうです♪

店舗情報

■店舗名:ゆしま花月 ■最寄駅:JR御徒町駅より徒歩5分、JR上野駅より徒歩10分、東京メトロ銀座線 上野広小路駅より徒歩3分、東京メトロ千代田線 湯島駅より徒歩3分 ■電話番号:03-3831-9762 ■営業時間:月曜~金曜:9:30〜20:00・土日祝日:10:00~17:00 ■定休日:不定休 ■公式HP:http://www.karintou-kagetsu.com/
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ