ライター : 茂山 夏子

北海道出身フリーライター/おいしいものに目がない! いま食べたいトレンドグルメと、生活に役立つグッズを紹介しています。 みなさまに楽しく読んでいただける記事作りを目指して…もっとみる

野菜ひと玉をおいしく食べきりたい…!

家庭料理に欠かせない葉物野菜。"ひと玉で買うとお買い得"というスーパーも多いですが「ひと玉買っても食べきれない」「食べきる前にシナシナになってしまう」なんてことも多いですよね。 全世界の主婦が抱えているであろう「葉物野菜の鮮度を伸ばしたい」というお悩み。実は、あるアイテムが解決してくれるんです!

簡単!野菜長持ち「ベジシャキちゃん」

Photo by macaroni

参考価格/580円(税抜)
そんな"主婦の味方"と言えるアイテムが、株式会社コジットから販売されている「ベジシャキちゃん」です。 ほっこりかわいいお顔のキャベツ型ピックが2組、こちらを見つめるように並んでいます♪

Photo by macaroni

パッケージ裏面には使い方が記されています。『刺すだけ簡単!野菜長持ち!』の表記通り、葉物野菜に「ベジシャキちゃん」を刺すだけで鮮度が長持ちするのだそう。 果たして本当に効果があるのでしょうか?macaroni編集部員で実際に使ってみることにしました!

「ベジシャキちゃん」を使ってみた

Photo by macaroni

今回は、シャキシャキ感が失われやすい"レタス"で試してみることにしました。説明書き通り、野菜の芯に「ベジシャキちゃん」の足を刺し込んでいきます。

Photo by macaroni

結構な力が必要でしたが、無事装着!芯と垂直に刺し込むと入りやすかったのですが、固い野菜で試す際は男性の手を借りた方が安心かもしれませんね。 ともあれ、このファンシーな姿に編集部一同もほっこり。"葉物野菜の妖精さん"のような姿がたまりません♪ 飾っておきたくなりますが、説明通り"袋に入れて冷蔵庫で保管"しましょう。次に会う日は1週間後。ベジシャキちゃん、任せたよっ!

1週間後、果たして結果は…?

Photo by macaroni

運命の1週間後。一緒に冷蔵庫で保管しておいた通常のレタスも並べて比較してみます。見た目はほとんど変わらないですね。実際に食べ比べてみましょう!

Photo by macaroni

左が何もしていないレタス、右がベジシャキちゃん使用のレタスです。5名の編集部員を集め、何も伝えず「どちらが新鮮に感じるか」食べ比べてもらいました。 すると、5名全員が右のレタスを示し「こっちの方が新鮮」と回答。「シャキシャキ感がキープできてる」「舌にのせた段階で食感が全然違う」と、見事に「ベジシャキちゃん」の効果が表れているようでした!

なぜ葉野菜の鮮度が保たれるの?

Photo by macaroni

葉野菜は「収穫後も芯に残った"成長点"から細胞分裂を繰り返し、成長し続ける」という特徴を持っています。時間が経つと葉がシナシナになるのは、成長にエネルギーを使い果たしてしまうからなんだそうです。 「ベジシャキちゃん」を刺すと新鮮さが保たれるのは、成長点を傷つけて野菜の成長を止めているからなんですね。かわいいお顔をしていますが、野菜の息の根をピタリと止める恐ろしい子なんです……!

通販でも購入できます

ITEM

コジット ベジシャキちゃん(2個組)

¥626〜 ※2018年04月12日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

「ベジシャキちゃん」は、楽天市場などの通販でも購入できます。ロフトなどの生活雑貨店でも取り扱われていることがあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS