【クイズ】食べるだけじゃない。バターの意外な用途とは?

パンやお菓子作りに欠かせないバター。大昔にはちょっと意外な使われ方をしていました。ヒントは「ちちんぷいぷい」。

2018年4月8日 更新
古代ローマ時代、バターは薬用軟膏として皮膚に塗ったり、整髪料として使われたりしていました。ローマ人はバターで「痛いの痛いのとんでけ〜」ってしていたワケですね。

飢饉で食べるものがなくなった時にバターを食べてみたら、意外とおいしくて腹持ちもよかったことが食用の始まりなんだとか。今や食卓の定番のバターですが、飢饉という悲劇がなければこのおいしさに出会うことはなかったのかも……。
参考:世界第百科事典 第2版(平凡社)
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Johnny

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう