みんなの茶箱の活用アイデア10選!自分好みにカスタマイズ

茶葉を保存する際に用いられる「茶箱」。茶人からは美的感覚や個性を表す道具として親しまれていたのだとか。大事にすれば何十年も使えることもあり、最近インテリアとしても人気の茶箱!あたなはどのように自分を表現しますか?

大事にすれば何十年も使える!茶箱とは?

見る人を楽しませる!美的センスを表現する小さな世界

外でお茶を楽しむために大正時代に登場した、茶箱。茶人たちの間では、個性を詰め込み、美的センスを競い合う道具として、親しまれてきました。季節ごとに茶道具を入れ替え、個々人の趣味嗜好が詰め込まれた茶箱は、まさに、「自分自身を伝える」現代社会のSNSのような役割を果たしてくれていたと言えます。  

樹木の特性を生かした保存箱として注目!

防湿、防臭、防虫に優れている茶箱。その特性を活かし、お米や衣服、カメラといった精密機器の保存にも重宝されてきました。最近では、布やクッション材を貼ってインテリアとしても楽しまれるようになり、より身近なものとして親しまれています。

茶箱のさまざまな使い方

樹木の特徴を生かして、米や乾物の保管に活用

防湿、防虫、防臭に優れている茶箱。樹木が持つ天然成分の中に含まれる殺菌性や防腐性を活かして、食材の保存にも使用されています。中でも、お米や乾物のように、保存が難しい、繊細な食材には最適。茶箱を使用することで、新鮮な状態を保ったままの保存が可能になるそうです。

インテリア茶箱がでるまでの人気ぶり

大切に使えば、何十年も使える茶箱。最近、茶箱に布やペンキ、金具を施すなどして楽しむ、「インテリア茶箱」が注目を集めています。帯や着物、シルクなどの布地を張り付けた和風の茶箱やアンティーク金具を付けたり、ネームプレートを付けた西洋風茶箱など、思わず挑戦してみてくなる茶箱のデザインばかり。装飾品が簡単に手に入るのも魅力のひとつだそうですよ。

積み重ねができるので、衣類の収納にも便利。

防腐・防虫・防臭に優れていることもあり、衣類の収納にも大活躍してくれます。保存中、防虫効果を強化したい方におすすめなのが天然樟脳。保存する際に、衣類の一番上に置くことで、全体にその効果を行きわたらせることができますよ。ハッカのようなさっぱりとした香りなので、香り物が苦手な方も安心して使えると思います。

リメイクで自分好みにカスタム♪

「インテリア茶箱」としても注目を集めている茶箱。100円均一のお店で、装飾品をそろえることができるのも魅力のひとつです。王道のリメイク術は、布やアンティーク金具を活かしたもの。初心者の方は、マスキングテープやペンキ、タイルシールなど張るだけで楽しめるリメイク術からはじめるのもおすすめです。 

好みに合った布地を貼りつけてできるこのリメイク術。好きな国の生地はもちろん、思い入れのある着物を活用できるのも人気の秘訣です。インテリア茶箱専門の教室も開かれており、ボンドを使用せず、美しく貼り付けるテクニックを教えてくれますよ。茶箱に使用する布地は、薄手のものよりも、厚手の生地を選択するのがポイントです。

ネームプレート

車のナンバープレートやネームプレートを茶箱のアクセントとして活かす方法もあります。
アメリカンで、スタイリッシュな雰囲気を出したい方は、箱に貼りつけて、世界観を楽しんでいるようです。初心者でも簡単に挑戦できるのもリメイク術のひとつですね。

特集

SPECIAL CONTENTS