みんなの茶箱の活用アイデア10選!自分好みにカスタマイズ

茶葉を保存する際に用いられる「茶箱」。茶人からは美的感覚や個性を表す道具として親しまれていたのだとか。大事にすれば何十年も使えることもあり、最近インテリアとしても人気の茶箱!あたなはどのように自分を表現しますか?

2018年4月2日 更新

大事にすれば何十年も使える!茶箱とは?

見る人を楽しませる!美的センスを表現する小さな世界

外でお茶を楽しむために大正時代に登場した、茶箱。茶人たちの間では、個性を詰め込み、美的センスを競い合う道具として、親しまれてきました。季節ごとに茶道具を入れ替え、個々人の趣味嗜好が詰め込まれた茶箱は、まさに、「自分自身を伝える」現代社会のSNSのような役割を果たしてくれていたと言えます。  

樹木の特性を生かした保存箱として注目!

防湿、防臭、防虫に優れている茶箱。その特性を活かし、お米や衣服、カメラといった精密機器の保存にも重宝されてきました。最近では、布やクッション材を貼ってインテリアとしても楽しまれるようになり、より身近なものとして親しまれています。

茶箱のさまざまな使い方

1 / 6
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

yunkoro

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう