割れず、錆びない

錫はほかの金属とは違う特殊な素材で、割れないという特徴があります。純度100%の錫はやわらかく、落として変形することはありますが割れることはありません。また、錫は酸化速度が遅い金属であるため、錆びることがありません。空気中はもちろん、水中でも錆びないので、酒器にうってつけの素材なのです。

錫の酒器の注意点

直火の使用は避ける

熱伝導率がよいため、直火の使用は避けましょう。直接手を触れると火傷をする危険があります。熱燗で飲みたいときは、鍋を使うと安全です。お湯を沸かし、酒を注いだちろりを鍋に入れて温めます。ちろりは持ち手が付いているので、火傷の心配がありません。

落とすと変形する

錫は落とすと変形するため、注意が必要。金属のなかでも特殊な性質を持っており、非常にやわらかいです。落下して割れることがありませんが、へこんでしまうことがあります。

変色の可能性がある

飲み物の種類によっては変色する可能性があります。例えば酸味の強いものや色の濃いものを入れたまま放置すると、黒ずんでくることも。錫の色の変化を楽しめる方なら問題ありませんが、変色が気になる方はこまめにお手入れをしましょう。重曹をペースト状にして磨き、中性洗剤で洗うと汚れが落ちますよ。

冷凍室で保存はできない

錫は冷凍室で保存してはいけません。蓄熱量が大きいため、冷凍したあとに触れると、ドライアイスのように凍傷する場合があります。危険なので冷凍保存は避けましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ