ライター : donguri

レシピフードライター

グルメと旅が大好きな主婦ライター。最近はシンガポールや台湾などアジアの料理にハマっています。"ラクしておいしい"を日々研究中!読んでいて楽しくなるような記事をお届けしたいと思…もっとみる

フライパンや鍋の引き出し収納術5選

1. 大きさと形でジャンル分け収納

左側は鍋やフライパン、右側には蓋、手前にはスパチュラと、カテゴリに分けて収納したアイデアです。好きな場所で仕切りを作れるラックを使っているので、お手持ちの調理道具に合わせてスペースを無駄にせずにしまうことができますよ♪

2. ファイルボックスを使った収納

書類の整理に使われるファイルボックスを、鍋やフライパン収納に活用したアイデア。無印良品ではさまざまな大きさのファイルボックスが売られているので、薄いフライパンや厚みのある鍋も、ピッタリと合わせて収納できます♪

3. 100均のフックでふた収納

同じくファイルボックスを使った収納ですが、こちらは傾斜のある形を使っています。床面積はこちらの方が少ないので、引き出しの大きさや取り出しやすさに合わせて選んでみてくださいね。鍋蓋の収納は、100均の粘着式フックを2つ貼るだけで簡単にDIYできますよ♪

4. 重ね技で収納力アップ

ひとまわり大きさの違う鍋やフライパンを重ねてしまうことで、同じスペースでも2倍の収納力に!取っ手の取れる調理器具だからこそできる収納ワザです。たくさんアイテムがあるのにスッキリと見えるのは、すべてシルバー系で統一されているから。空いたスペースにはお茶パックや水切りアミもしまえますよ。

5. 必要最低限をスッキリ収納

お家にあるすべての調理器具、きちんと使えていますか?毎回使うものは限られていて、もしかしたら収納の邪魔になっているものがあるかもしれません。しまうものが少なければ、こんな風に贅沢な収納方法も可能になりますよ♪

食器の引き出し収納術5選

6. 同シリーズでそろえた食器収納

違う形のお皿やコップを積み重ねると、下のものが隠れてしまったり、取り出しにくくなる原因に。同じシリーズでそろえておけば、スッキリかつピッタリ積み重ね収納ができちゃいます。すべてはむずかしくても、コップは最低でもペアで、プレートは家族の人数分だけでも同じものでそろえておくと便利ですね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS