3. 強火で水を沸騰させる

保存瓶が割れるのが心配なときには、底に布巾を敷いておきましょう。

4. グラグラと沸いている状態を5分ほど保つ

保存瓶とフタを取り出す際に使用するトングも一緒に煮沸しておきましょう。

5. 火を止めて、トングで瓶とフタをペーパータオルの上に取り出す

5分ほど煮沸したら火を止めます。そして、トングで瓶とフタをペーパータオルの上に取り出してください。

6. 乾いたら完了!

ペーパータオルの上に乾かしたら、煮沸消毒は完了!あとはできるだけ早めに使用しましょう。

アルコール消毒でもOK

お鍋に入りきらないような大きな保存瓶の場合、アルコール消毒でもオッケー。 焼酎を使う場合、アルコール度数が35度以上の焼酎を瓶のなかに少量入れます。そして、ペーパータオルや清潔な布を使って、焼酎を塗り広げるようにすみずみまで拭いたら消毒OK。とっても手軽ですね。 また、消毒用エタノールか、キッチン用の消毒アルコールを瓶の内側に噴霧してからきれいな布巾で拭いても大丈夫。もしくは、きれいな布巾にアルコールを浸けてから拭くとよいでしょう。その際には、手や手首など、瓶のなかに触れたり入ったりする部分はしっかりと洗っておくことが大切です。

家庭のキッチンを華やかにしてくれる「保存瓶」♪

ジャムやピクルスを作ったり、梅酒などの果実酒を作ったりと活躍してくれる「保存瓶」。 おしゃれなデザインのものもたくさんあるので、キッチンの中でインテリアとしての存在感を発揮してくれるのもうれしいところ♪長い間愛され続けてきたブランドのものが多いのも特徴的ですね。 ぜひこのおすすめの「保存瓶」 10選を参考にしてみてください。きっとキッチンがこれまで以上に華やかに変身することと思います♪
▼保存瓶でおいしいレシピを作っちゃおう♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ