北欧風ダイニングテーブルおすすめ9選!雰囲気に合わせて選ぼう

人気の北欧家具の中でもお部屋の大部分を占めるダイニングテーブルは人気のアイテムですよね。あなたの理想とするお部屋のイメージに合わせた選び方をご紹介していきます。心が揺さぶられてしまうようなかわいいデザインにも注目ですよ♪

北欧風ダイニングテーブルの魅力

北欧風ダイニングテーブルの特徴

北欧テイストのお部屋は明るいイメージがありますよね。それって実は北欧の天候事情が関係しているのをご存知でしたか?

1年を通してどんより空の多い北欧では、「お部屋で過ごす時間をより明るく、楽しいもの」にしようとする工夫がされてきました。そのため、ダイニングテーブルに使用されている木材も、ウォールナット材やオーク材など、明るいものが多く使われています。

北欧テイストでなくとも明るいお部屋で過ごすことは、自然と気分も上がりますよね♪

どんな雰囲気になる?

北欧風のダイニングテーブルを置くことで、お部屋の雰囲気がふわっと柔らかい印象と変わり、全体の見た目も明るくなります。

都心などの戸建て住宅やマンションでは、立地上日差しが差し込まないダイニングも多いですよね。そんなお部屋には特におすすめ♪あなたの好みに合わせて、観葉植物やファブリックなどで工夫してもよいですね。

ダイニングテーブルの大きさ

2人掛け

ダイニングテーブルの前に座るとき、椅子を引く・座る・立つの3アクションがあります。また大人がランチョンマットを敷いて食事をするには、幅が50cmから60cmほどのスペースが必要です。つまり、奥行と幅は80cmほどあると、大人ひとりがゆったり食事ができることになります♪

4人掛け

4人掛けの場合は幅100cmから160cm程度がおすすめ。朝食や夕飯を食べるタイミングがバラバラなご家庭や、お子さんが小さくてこの先ずっと使い続けるかわからないな、という方は130cm程度の幅が使いやすく、大皿料理を作ることの多いご家庭は160cmほどあるのがおすすめです。

6人掛け

6人掛けを検討されている方は、180cmから220cmあると安心です。「普段は3〜4人世帯で大きいのは必要ないけれど、来客が多いから大きいタイプが必要」と考えている方は、4人掛けで伸長式タイプのテーブルもあります。

サイズは大きくなりますが形を長方形や円形などと工夫すれば、間取りの少ないお部屋でも上手に置くことができますよ。

ダイニングテーブルの雰囲気

シンプル

「シンプル=小物の組み合わせを必要としない」と考えた場合、床材に合わせた色のダイニングテーブルを選ぶと、ダイニング全体が重くなりすぎず、とても落ち着いた雰囲気になります♪

お部屋のバランスがすでに整っていることからアクセントとなるファブリックを合わせなくても、まとまりのあるすっきりした印象になるんですよ。

ナチュラル

「ナチュラル=ほかのファブリックと組み合わせてカフェのような印象」を目指すなら、床の色と統一感を持たせないのがベター。床が暗めの色合いなら明るい木材を、床が明るい色合いなら暗い木材を選びましょう。

ダイニングが目を引く存在となり、ほかの家具との相性もぴったりです♪

ヴィンテージ風

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

koku_koku

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう