ライター : いとう まさと

フードライター / 食文化ライター

日本のもの・文化・食のおもしろさや良いところを伝えるべく、食分野や教育分野の記事を執筆中。日々、おもしろいもの、素晴らしいものを探しつつ、みなさまのお役に立てる情報をお届け…もっとみる

マフィンカップでマフィンを焼こう

マフィンカップの特徴

マフィンカップはマフィンを作るための道具のひとつです。その名のとおり、マフィンを作るのにぴったりな大きさと形を持っていて、商品によってはかわいらしいデザインを楽しめるものもあります。 「マフィン型」は、長方形のプレートにマフィンの形のくぼみがついていて、生地を流す作業を楽にこなせるのがうれしい点です。それに比べマフィンカップはそれぞれが独立しているので、マフィン型に比べ少々手間がかかるイメージですが、その分メリットもいろいろあるんですよ!

マフィンカップを使うメリット

マフィン型は頻繁にお菓子を作る方にとっては重宝するアイテムですが、収納に場所をとる場合もあります。ちょっと思いついたときにマフィンを焼きたいという方は、マフィン型ではなくマフィンカップの方が手軽でいいでしょう。 個々が独立しているので、焼き上がったときにそのままラッピングできますし、「サイズの合わないマフィン型を買ってしまいオーブンに入らない」という心配もありません。気軽にマフィンを焼いてみたい、という方におすすめです。

マフィンカップの選び方

カップの素材

マフィンカップの素材は主に紙製とシリコン製。紙製のものはデザインがかわいらしいものが多く、耐熱性を持ったものも多く出回っています。なかにはミシン目がついていて、食べるときにパパッと紙をはがせるタイプのものも! シリコン製のものは洗って何度も使えるのがうれしいところ。また、焼き上がったマフィンを型から外しやすいというメリットもあります。マフィンカップとしてだけでなく、お弁当のおかず入れに使用できるのも評価大!

サイズ

マフィンカップにはさまざまなサイズのものがあります。レギュラーサイズはだいたい「底径60mm、高さ50mm」のものが一般的で、ミニサイズは「底径30mm、高さ20mm」程度です。 シーンに合わせてサイズを変えてみるのも面白いでしょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS