4. 汚れが落ちやすい「フライパンカバー」

ITEM

京セラ フライパンカバー

ハンドルに手触りのよいラバー超塗装が施されたフライパン蓋。京セラから販売されているアイテムです。従来品に比べて、機能性やデザイン性が格段にグレードアップしているのがポイントですよ。

¥1,595〜 ※2018年03月12日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

「京セラ」から販売されているこちらは、従来品と比較して機能性やデザイン性がグレードアップした美しいアイテムです。真っ赤なハンドルには手触りのよいラバー超塗装が施されており、しっかりと持つことができます。フッ素コーティングがされていて、汚れが落ちやすいのも魅力的です。
【仕様】 ■サイズ:幅33.2×奥行33.2×高さ7cm ■重量:449g ■材質:【ふた】アルミニウム・ガラス、【ふたつまみ】フェノール樹脂(取っ手)、ナイロン66(スタンド) ■カラー:ブラック ■備考:【対応フライパンサイズ】20~28cm ■参考価格:1,595円(税込)

5. プロも絶賛!「フライパンカバー」

ITEM

フィスラー フライパンカバー

フィスラーから販売されているアイテム。中央部にくぼみを持たせた形が特徴的なフライパン蓋です。くぼみのおかげでフライパンの中の蒸気の流れがスムーズになり、特に蒸し焼きの料理で威力を発揮します。

¥12,100〜 ※2019年12月16日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

最後にご紹介するのは、プロのシェフも絶賛したという本格的なフライパン蓋。「フィスラー」から販売されているアイテムです。こちらのいちばんの特徴は中央部分につけられたくぼみ。フライパン内の蒸気の巡りをスムーズにするとともに、蓋についた蒸気を効率よく中央に集めることができます。
【仕様】 ■サイズ:直径24cm、高さ10cm ■重量:440g ■材質:18-10ステンレス ■カラー:シルバー ■参考価格:8,426円(税込)

かさばる蓋の賢い収納方法は?

フライパンの蓋はいろいろな調理の際に便利ですが、意外とかさばるので収納場所にはちょっぴり困るもの。どのように収納したらごちゃつかず、キレイなスペースを保てるのでしょうか? まずご紹介したいのは、キッチンのシンク下などの引き出し収納に深めのカゴを設置して、そこにまとめて入れるという方法です。カゴはサイズさえ合えば、100均で見つかるものなどリーズナブルなアイテムを使ってもOK。しっかりと図ってシンデレラサイズを目指しちゃいましょう! また、DIYが得意な方は蓋用のラックを手作りするのもおすすめです。市販のワイヤーネットや鍋蓋ラックを上手に使えば意外と簡単にできちゃいますよ。シンク下の扉裏など、見えない場所に設置すれば見た目もキレイ!

フライパンの蓋がない場合はなにで代用する?

キッチングッズを揃えるときに意外と忘れられがちなフライパンの蓋。フタが必要なお料理を作りたかったのに手元になかった……!なんてハプニングもありますよね。ではフライパンの蓋がない場合は、どんなもので代用するのがよいのでしょうか? いちばんおすすめなのは大きなお鍋の蓋。これならば殆どのご家庭にあるのではないでしょうか。ただし火を強くしすぎてしまうとフタそのものに直接火が当たってしまうので、フライパンにぴったりとはまらない場合には注意が必要です。 そのほか、アルミホイルやステンレスのボールを蓋代わりにすることもできるのだそう。いずれにしても蓋と違ってつまみがないので、フライパンから取る場合には火傷をしないようにご注意ください。

フライパンの蓋でもっと便利に♪

あると便利なフライパンの蓋。ひとつ持っているだけで、焼く、煮る、蒸す、茹でるなどの基本的な調理がいつもよりワンランク上の仕上がりになりそう。お料理初心者さんの強い味方になってくれるかもしれません。 もちろんフライパンの蓋と言ってもその特徴はさまざま。リーズナブルなものや機能的なもの、お料理自体が格段においしく仕上がるものまでいろいろなタイプの蓋があります。みなさんもぜひお手持ちのフライパンにぴったりなものを探してみてくださいね。
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ