ライター : cucunyaroti

「素材のよさを生かす」をモットーに野菜作りと育児に奮闘中の主婦です。こどもに毎日「おいしい!おかわり!」と言ってもらえる料理を作れるよう心がけています。

カウンターテーブルでおしゃれなバー気分を

カウンターテーブルの特徴

カウンターテーブルは、キッチンとダイニングの間に置く細長いテーブルです。大きさはキッチンと同じ長さのものから、短い長さのものまでさまざまな種類があります。大きいサイズのものは食事の際だけではなく、お子さまの勉強机にもなるので便利です。小さなお子さまも、お母さんの顔を見ながら勉強できるので安心するでしょう♪ 高さも、低いサイズものから、バーカウンターのように高いサイズのものまでさまざま。ゆっくりとくつろぎたいのであれば、足がしっかりと着く低い高さのカウンターテーブルがおすすめです。高いサイズのものは、キッチンやダイニングをすっきり見せたい方や、お酒の時間を楽しみたい方にいいでしょう。

カウンターテーブルの使い方

キッチンとダイニングの間にあるカウンターテーブル。ダイニングのスペースを、ゆっくりと過ごしたいご家庭では、カウンターテーブルをキッチンテーブルとすることもできます。料理をそのままテーブルに運ぶことができるので、後片付けも簡単です。ダイニングを広く取ることができるので、大きな家具や観葉植物を置くスペースが確保できますよ。 カウンターの下を収納スペースとして活用することも可能です。見られたくないような書類や普段使わないような食器、キッチンアイテムを入れるスペースが生まれるので、家の中がすっきりと見えます。 お気に入りの本や雑誌、お皿やグラスを、ダイニングに見えるように配置するのもおすすめです。カウンターテーブルをうまく活用すれば、おしゃれなダイニングスペースが生まれますよ♪

目的別・カウンターテーブルの選び方

高さはカウンターテーブルの"滞在時間"を目安にしよう

カウンターテーブルの高さを決める上でもっとも重要なのが、椅子の高さです。ゆっくりとしたお酒タイムやティータイムを楽しむのであれば、椅子はソファータイプの少し低めのものがおすすめ♪高さでいうと、机の高さは60cmほどがいいでしょう。 キッチンテーブルとして料理とお酒を楽しむのであれば、70~75cmの机の高さがおすすめです。椅子の高さは40~45cmが一般的。キッチンの高さと合わせるのであれば、90cmほどの高さが必要になります。キッチンは立って作業するため、比較的高めのサイズです。椅子も少し高めになるので、お店のようなおしゃれ時間を楽しむことができますよ。

幅は"メインの目的"から考えよう

カウンターテーブルの幅は、テーブルを使う目的から考えましょう。一般的に、ひとりが食事をするときに使うテーブルの幅は60cm。そのためダイニングテーブルとして料理を楽しむのであれば、一辺に座る分の人数に60cmをかけた長さが必要です! お酒タイムやちょっとしたパソコン仕事をするのに使うのであれば、ひとり分の幅は50cmほどでいいでしょう。奥行も料理を楽しむのであれば40cmは必要ですが、それ以外なら30cm~35cmでも大丈夫です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS