一人暮らし向きテーブルのタイプ別おすすめ15選と上手な選び方♪

部屋の大きさが限られた一人暮らしでは、どんなテーブルを選べば良いか悩みますよね。そこで今回は、一人暮らし向きテーブルの選び方&おすすめ商品15選をご紹介します。新生活に向けてテーブルをお探しの方は必見です!

2018年3月14日 更新

一人暮らしテーブルの選び方

どこに置くかを決めよう

一人暮らしと言っても、1LDK、1DK、1K、1Rと部屋のタイプはさまざまです。例えば1LDKや1DKの場合、リビングと寝室を分けることができるので、ダイニングテーブルを置くことが可能ですし、1Kや1Rは寝室とリビングが一体となるので、ローテーブルのようなコンパクトタイプがマッチします。

まずはどんなテーブルが必要なのか、どこにテーブルを置くかをしっかりと決めておきましょう。

大きさと高さを決めよう

一人暮らしの場合、スペースを無駄にしないことが重要になるので、お店でデザインを見て直感で決めるのはおすすめできません。

部屋の大きさに対して最大何cmのテーブルが置けるかを計算し、それ以下で収まるものを選ぶと失敗が少なくなります。テーブル以外の家具が決まっている場合は、高さを合わせるのはもちろん、素材や色のバランスも考えておきましょう。

おすすめのタイプはこの3つ

1. ソファーやベッド前にローテーブル

ダイニングテーブルより高さの低いローテーブルは、ベッドやソファーと組み合わせて使用することができます。同じローテーブルでもサイズはさまざまなので、高さ選びは重要なポイント。特に食事用で使う場合は、どんな高さなら食べやすいかを事前にチェックしておきましょう。

ドレッサーになったり、引き出し付きで収納できたり、一人暮らしに便利な機能付きのものがおすすめです。
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

donguri

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう