ごはん党必見!炊飯器とはひと味違う「ごはん鍋」15選

みなさんは「ごはん鍋」をご存じですか?ごはんを炊くために使われる鍋で、炊飯器とはひと味違った「お鍋で炊いたごはん」が楽しめる商品なんです!今回はごはん鍋の特徴と選び方、おすすめ商品をご紹介。あなたも「ごはん鍋」デビューしてみませんか?

2018年12月3日 更新

炊飯器じゃない!?「ごはん鍋」ってなに?

「ごはん鍋」とは読んで字のごとく、ごはんを炊くための鍋のこと。本格的でおいしいご飯が炊ける土鍋タイプのものや、軽くて使いやすい文化鍋タイプ、IH対応のものや電子レンジで気軽に使えるものまであります。

最近は高機能な炊飯器が出回っていて、おいしいごはんを気軽に楽しめるようになりましたが、やはり「お鍋で炊いたごはん」はひと味違う!炊飯器には10万円以上するものもありますが、ごはん鍋は高くてもせいぜい6000円ほどと、手に入れやすいのも大きな魅力です。

ごはん鍋の使い方

ごはん鍋の使い方は基本的に普通のお鍋でご飯を炊く方法と同じです。お米を研いだら20分ほど水に付け、それから火にかけていきます。適切な火加減で加熱をおこなったあと、数分間から数十分蒸らしたらできあがり!同じ鍋であっても、お米の量によって炊き時間は変わるので、説明書をよく確認しておくことが大事です。

製品によって「水加減」「どの火力でどのくらいの時間加熱するか」「加熱後の蒸らし時間」などが変わってきます。加熱はずっと中火でよいものや、「中火で○分、弱火で○分」と火力の調節が推奨されているものもあるので、自分の性格に合った商品を選ぶといいでしょう。

「甘みが引き立つ」「つゆがあり米粒が立つ」など製品によってできあがりも異なり、なかなか奥が深いですよ!
安心の日本製で土鍋炊飯入門したい方へ!

ITEM

三鈴窯 ごはん土鍋 日本製 萬古焼 三合炊き

丸くてかわいらしい外観ながら、その実力は保証つき!こちらは3合炊きなので、土鍋タイプの初心者にもおすすめです。目盛りつきなので、水の軽量も楽々。安心の日本製でおいしいごはんを炊きたい方へ。

¥2,180〜 ※2018年2月22日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

自分に合ったものを!ごはん鍋の選び方

人気の「土鍋タイプ」と使いやすい「文化鍋タイプ」

ごはん鍋のなかで一番人気があるのが「土鍋タイプ」です。こちらは鍋底が丸くなっていて、鍋全体からじっくりと火を通すことができるのが特徴で、まるでかまどで炊いたようなごはんが楽しめると評判です。

土鍋タイプはおいしいごはんが炊けるのがうれしいのですが、その分重量があります。毎日重い土鍋を扱うのは嫌だな……という場合は文化鍋タイプがおすすめ!土鍋タイプのようにお焦げを作るのは難しいですが、吹きこぼれしづらい構造になっているので、安心して使えますよ。

加熱方式の違い

とくに注意したいのが、その製品がどんな熱源に対応しているかということ。普段IHで調理されている方は、IH対応のごはん鍋を手に入れるようにしましょう。ごはん鍋は直火専用のものが多いので、「IH対応かどうか」をしっかりと確認してくださいね。

さらに手軽に楽しめる電子レンジ対応のごはん鍋もあるので、「手間をかけずにごはんを炊きたい」という方はチェックしてみてみましょう。お粥が炊ける製品もあるので、ひとつ持っておくと重宝するかもしれません。
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

tumu

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう