おしゃれ商品からセットまで。おすすめ「茶こし」15選

普段何気なく使っている茶こしにも、いろんなデザインや素材があります。そんな茶こしの基本的な使い方から、おしゃれな茶こしやプラスチック製、ボール形に目の細かいもの、受け皿つきの茶こしセットに分けて、おすすめの商品各5選ずつをご紹介します。

2018年3月24日 更新

茶こしの基本的な使い方

茶こしの使い方で一般的なのが、急須とそれに合った茶こしをセットしてお茶を淹れる方法です。急須のなかの茶こしに茶葉と熱湯を注いだら、お茶が抽出されるのを待ってから人数分の茶碗に均等に注ぎ分けます。

また大きなやかんで大量のお茶を作るときには、深さのある大きめの茶こしをやかんに入れたり、茶葉入りのボール形の茶こしをなかに垂らしておくのもひとつの方法。さらにカップに少量の茶葉が入る茶こしを浸けながら、ひとり分だけ作ってもいいですね。

おしゃれでおすすめの茶こし3選

1. 素朴さがおしゃれ「竹製茶こし」

今では茶こしといえばステンレス製のものが当たり前ですが、昔は竹を細かく編んだ茶こしが一般的。丈夫なだけでなく柔軟さもある天然素材ですので、金属製の茶こしに比べて急須やお茶碗などの器にも優しいですね。素朴でレトロな趣きがかえって新鮮で、おしゃれにお茶をいただけます。
商品情報
【仕様】
■サイズ:Φ60×H70×L160mm
■材質:竹
■カラー:ナチュラル

2. 機能的な「ティーストレーナー」


簡単に1杯分をすくってお茶を抽出できますので、自宅だけでなくオフィスでもお手軽に使えるうえに、メッシュ部分を外して洗えるので手入れも簡単!専用の受け皿つきの機能的なデザインと、黒とシルバーのモノトーンがスタイリッシュな、スティック形のティーストレーナーです。
商品情報
【仕様】
■サイズ:W35×D16×H130mm
■材質:ステンレス・ABS樹脂・ポリプロピレン
■カラー:シルバー・ブラック

3. リッチな輝き「ティーストレーナー」

ナイフやフォーク、スプーンなどのステンレス製カトラリー製品が得意な企業が作るだけあって、しっかりした造りと優れた機能性が自慢!造りの確かさだけでなく本体やメッシュ、受け皿に至るまでゴールドに輝くリッチなストレーナーで、ティータイムが華やぐこと間違いなしですよ♪
商品情報
【仕様】
■サイズ:Φ65×H40×L152mm
■材質:ステンレス(金メッキ)
■カラー:ゴールド
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

☆ゴン

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう