ライター : riku_mama

6歳のヤンチャな男子を子育て奮闘中のママです!食が細く、好き嫌いの多い息子のために日々おいしそうなレシピを模索しています。パンが大好きで、小さなパン屋の製造補助をしながらmac…もっとみる

オイルポットを選ぶときのポイント

油の濾し方

揚げ油を再利用するためには、できるだけきれいな状態で保存することが大切。油を濾すという重要な役割を果たすパーツを、2タイプご紹介します。

網タイプ

網の上から直接油を注ぎ、濾すタイプです。網タイプは汚れたら洗うだけなので、お手入れが簡単。リーズナブルな商品が多く、コストパフォーマンスも抜群です。

デメリットは、フィルタータイプに比べて目が粗いため、カスが多く残ってしまうこと。気になる方は、100均で販売している油濾し紙を敷くとよいですよ。

フィルタータイプ

フィルタータイプは目が細かいため、油をきれいにろ過してくれます。デメリットは、フィルターの購入費用がかかること。しかし何度も使えるので、揚げ物の頻度によってはコストパフォーマンスがよくなります。

細かいカスも取り除いてくれるため、油が長持ちしますよ。2回目以降の揚げ物も、きれいな色に仕上がります。

素材

ステンレス

長く使いたい、という方にぴったりなのがステンレス製のオイルポットです。油が酸化しにくいという特徴を持ち、頑丈。サビにくく、汚れたら丸洗いできるので、清潔な状態を保ちやすいこともポイントです。

鍋とセットになっているオイルポットなど、さまざまな商品が販売されており、サイズ展開も豊富。おしゃれなデザインが多いことも魅力です。

ホーロー

ホーロー製のオイルポットは、においが移りにくいという特徴があります。金属にガラスコーティングを施したホーローは衝撃に弱いため、ぶつけたりしないよう注意が必要。洗うときにもタワシでゴシゴシは厳禁です。

かわいい色合い、見た目のデザインが多いので、出しっぱなしでも収まりがよいですよ。キッチンインテリアにこだわりのある方におすすめです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS