オイルポットの人気商品10選♪ 使い方も解説!

おうちで揚げ物をしたあとの油はどうしていますか?今回は使い回しできるようにオイルポットでのこし方、素材の違いについてご紹介します。まだオイルポットを持っていない方、これから新調する方はぜひ参考にしてみてくださいね♪

2018年3月1日 更新

新調の前に!オイルポットの油の濾し方

揚げ物に使った油を何度か使うために、オイルポットでろ過したものを保管していますか?揚げカスが残ったまま置いておくと、劣化を早めてしまいます。

油を毎回変えなくてもいいように、ろ過の方法や精度、洗浄方法などに違いがあることを知り、それぞれのご家庭に適したオイルポットを使う必要がありますね。オイルポットのご購入を考えている方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね♪

アミ

使った油をアミに通し、きれいな油だけを通すという昔ながらのろ過方法です。一番安値で、さらにフィルターやカートリッジの取り換えの必要がありません。

アミを洗うだけで難しいメンテナンスもいりませんが、どうしてもろ過の精度が落ちてしまいますので、油こし紙と一緒に使うことをおすすめします

油こし紙はカートリッジよりもお財布に優しいのでうれしいポイント!揚げ物頻度が高くなかったり、まめに油を取り換えるご家庭ではアミタイプでもよさそうです。

フィルターカートリッジ

オイルポットの中にフィルターカートリッジを装着し、そこに揚げ物で使った油を流してろ過します。カスをキャッチするだけでなく、臭いまで除去し、油の色まで元の色に近い状態まで戻してくれるフィルターカートリッジまであります。

アミでは通り抜けてしまうような細かい不純物までキャッチ!大家族や揚げ物の頻度が高いご家庭では、ろ過の精度が高いので何度でも同じ油を使えて、逆に油を買う回数が減らせるメリットがありますね。

ろ過パウダー

フィルターに入れたろ過パウダーに使った油を流し込むことで、しっかり油カスや臭いをキャッチしてくれます。フィルターカートリッジタイプは、使用回数がある程度決まっているので使った回数をカウントしておく必要があります。

しかし、ろ過パウダーは使い捨てになるので、カウントしておくのが面倒な方にはうれしいですね。こちらも、油を使う頻度が高いご家庭や、いつもきれいな油で揚げたものを食べたい!という方におすすめです。
1 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

riku_mama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう