一台で何役もこなす!「オーブンレンジ」の人気商品5選

大抵のご家庭には電子レンジがあると思います。でも、その電子レンジにオーブン機能はついていますか?オーブン機能のあるなしで随分違いがあることをご存知でしょうか。今回は、オーブンレンジの特徴から機能、おすすめの商品までを紹介します。

2018年3月23日 更新

オーブンレンジの使い方

そもそもオーブンレンジって?

オーブンレンジとは何か。まずは電子レンジとの違いから説明しましょう。オーブンレンジは、電子レンジとオーブンの機能を掛け合わせたものです。つまり、マイクロ波によって内側から加熱する電子レンジ、熱源によって外側から直接加熱するオーブンのハイブリッドということ。

両者のいいとこどりで、電子レンジよりも多機能です。オーブンレンジなら、ごはんを温めることはもちろん、クッキーやケーキを焼く、ものによってはグリル機能があるものもあります。

オーブンレンジの掃除方法

オーブンレンジは日常で頻繁に使用することが多いため汚れてしまいがちです。日常のお手入れとしては、使ったらすぐ庫内を拭くのがベスト。たとえレンジで数分温めるだけであっても、油や水分が庫内に飛び散ります。こまめに拭くよう心がけましょう。

手入れしやすいのは、庫内の凹凸が少なくフラットで、回転皿もないものがいいです。また、ヒーターがむき出しのものは掃除しにくいので買う前にチェックしておきたいですね。手入れしやすい素材のもの、またクリーン機能がついているオーブンレンジを選ぶと便利です。

オーブンレンジを比較!選ぶポイントは?

価格

オーブンレンジを選ぶといってもピンからキリまであり迷ってしまいます。価格も1万円前後の低価格帯から10万円以上の高機能製品までさまざまです。もっとも主流なのは、十分なだけの機能を満たした3~5万円程度の商品です。

価格によってどんな違いがあるのかというと、低価格のものならまず庫内が狭い、またオーブンが1段のみといった制限があることが多いです。また、回転皿つきも低価格製品の特徴です。上位機種になれば庫内はフラットでより手入れしやすくなります。当然のように機能面も充実し、グリル、スチーム機能による調理メニューの豊富さがメリットです。

庫内容量と段数

庫内の容量はさまざまです。一人暮らしなら15~20L程度あれば十分ですが、2人なら20~25L、4人家族なら30Lを目安にしましょう。容量が大きいほど一度にたくさん加熱できます。

また、庫内の容量によってオーブンの段数にも違いがあります。1人暮らし向けの小型製品であれば1段が基本ですが、大型になると2段のものもあります。本格的にオーブンを使った料理を作りたい場合は大容量がおすすめです。

スチーム機能

オーブンレンジの機能として人気なのがスチーム機能です。スチーム機能で何ができるのかというと、オーブンレンジを使って食材を蒸すことができます。もちろん普通のオーブンレンジであってもシリコンスチーマーを使えば蒸すことは可能。しかし、スチーム機能があれば普通の加熱でさえ食材の水分を逃がすことなく、しかも短い時間で加熱することができます。より高性能であれば、油を使わずに揚げ物を作ることもできます。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう