使い道は10通り!魔法のレンジ調理器「グルラボ」は時短クッキングの大本命♩

いま主婦の間で話題の「グルラボ」をご存知でしょうか。容器のなかに材料を入れたら、あとはレンチンするだけで本格調理ができる優れものなんだとか!グルラボってどんなものなのか気になりますよね。そんな話題のグルラボの特徴や魅力を探ってみましょう。

2019年4月5日 更新

魔法のレンジ調理器を発見!

下ごしらえから調理や保存まで、ひとつで済ませられるという「グルラボ」が評判になっています。茹でたり蒸したりのほかにも、揚げ物や焼き魚もレンジで焼き色がつくというから驚きですね!その使い方や特徴、お値段はいくらでどんな料理ができるかなどをご紹介します。

使い方は10通り!「グルラボ」

ベーシックセット 4,968円/マルチセット 6,480円(各税込)

話題のグルラボとは「岩谷マテリアル」という会社が製造販売している、電子レンジだけで本格的な加熱調理をおこなえる万能容器のことです。

鍋やフライパンで調理する料理のほとんどをこのグルラボで代用でき、「煮る・炊く・蒸す・炒める・茹でる・オーブン調理」という6種類の加熱調理機能と「下ごしらえツール・ミキシングボウル・ストレイナー・保存容器」という4種類の使いかができるマルチさが評判となっています。
炊飯に煮物や炒め物、蒸したり茹でたりも電子レンジだけでおこなうことができ、オーブン調理機能もついた6種類の調理法がたいへん便利です。

またバット代わりに下ごしらえに使ったり、熱いポテトをつぶしたりするボウル代わりにも重宝。パスタを茹でたあとに熱湯を切るストレイナーとして使用でき、冷蔵や冷凍の保存容器としても使える、オールマイティーなキッチンツールとしても人気です。
一番の利点が調理時間が短いということです。時短の秘密はドーム型容器の形状と独自の空気調整口にあり、そこから蒸気を適度に逃がしながらなかの圧力を高めます。そのため通常より高温になり、圧力釜のように材料に早く火が通るというたいへん便利な商品です。

こんな感じに使われてます♩

1. 茹でて湯切りしてそのまま食卓へ

さやえんどうや枝豆などを茹でて、ストレイナー機能で湯切りをしてそのまま食卓へ出せば、手間や洗い物も少なくて済みます。まさに主婦の味方ですね♩

2. 炊き込みご飯もレンチンで作れます

グルラボでご飯も炊けるんですよ!和風や洋風の炊き込みご飯も電子レンジで簡単に作れます。炊き上がりもまるで土鍋で炊いたようにおいしくなると評判です。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

☆ゴン

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう