連載

【料理上手の台所 vol.4】暮らしになじむアイテムを。ちょりママさん愛用の調理器具たち

さまざまな食のプロに、お気に入りのキッチンアイテムを聞く連載企画。今回は、人気料理家の“ちょりママ”こと西山京子さん愛用の調理器具をご紹介します。生活になじむアイテム選びのポイントとは?

2018年7月3日 更新

Today's Foodie

Today's Foodie

ちょりママ(西山京子)/料理家

調理師。フードコーディネーター・食生活アドバイザー。食育アドバイザー。飲食経験を経て、2007年ブログ「ちょりまめ日和」を開設。「子どもも大人も一緒のごはん」をコンセプトに簡単・時短・アイディアレシピを日々発信。メディア、食品メーカーなどのレシピ開発、レシピ本出版、テーマパークのメニュー開発の他に、新潟県や熊本県など日本各地の農産地を訪れ、WEBを通して農家の声を食卓へ届ける食育活動も多数。

生活に“なじむ”アイテム選び。

生活に“なじむ”アイテム選び。

Photo by macaroni

仕事や家事に多忙なママたちに向けて、簡単・時短をテーマにレシピを日々提案している、“ちょりママ”こと西山京子さん。買い物上手としても知られる彼女のキッチンには、ことのほか年季の入ったアイテムたちが並んでいます。

「ずっと愛用しているモノは、今の生活に“なじむ”アイテムたちですね」とちょりママさんは話します。購入の際に気をつけているのは、“調理の手間を省く”という目的に沿ったアイテムかどうか。機能性の高さだけに飛びつかず、背伸びをせず、ライフスタイルに見合ったアイテムを選ぶことが、長く使える調理器具に出会える近道なのかもしれません。

今回は、そんなちょりママさんのライフスタイルに根を張った、お気に入りのキッチンアイテムを厳選してご紹介。愛用している理由とともに語ってもらいました。

1.【牛刀】杉本

1.【牛刀】杉本

Photo by macaroni

築地に本店を構える刃物店「杉本」の包丁は、一本一本が職人の手作業によって作られています。なかでもこの牛刀はお気に入りの品。この包丁を手にすると、無性に千切りやみじん切りをしたくなるほど大好き(笑)。打ち刃物ならではの抜群の切れ味に惚れ込んでいます。

2.【調理ハサミ】貝印「料理家の逸品 ハンディスニップバサミ」

2.【調理ハサミ】貝印「料理家の逸品 ハンディスニップバサミ」

Photo by macaroni

刃先のホルダーつきの赤いキッチンバサミです。刃物メーカーの「貝印」さんから登場している商品で、切れ味はさすがのひと言。使いやすい小ぶりなサイズで、持ち運びにも便利ですね。今は自宅外の撮影用として使っていますが、使い勝手がよすぎて、自宅用にもう一本購入しようか悩んでいる最中です。

ITEM

貝印「料理家の逸品 ハンディスニップバサミ」

サイズ:長さ166mm×幅70mm×高さ10mm

¥1,763〜 ※2018年2月28日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう