「子持ち昆布」基本の食べ方

子持ち昆布は、数の子と同じように調理して食べるのが一般的です。塩漬けされた子持ち昆布はかなり塩分が強いので、水につけて塩抜きをします。昆布の大きさや好みによりますが、半日ぐらい水につけるとちょうど良くなりますよ。 食べてみて塩気が適度に抜けていたら、今度はお好みのお出汁に漬けこみます。もし、塩気が強い場合は、さらに数時間水につけて塩抜きしましょう。 漬ける時は、かつおだしなどに薄口しょうゆなどを合わせたものに漬けるとおいしくなるのでおすすめです。1日程度出汁につけたら出来上がりです。食べる時は、適当な大きさにカットして盛り付けましょう。 漬け汁の色が濃いと、子持ち昆布が黒っぽくなってしまうので薄い色のお出汁を使うとキレイに仕上がりますよ。 お好みで、写真のようにかつおぶしを散らしていただくのも良いですね。

子持ち昆布を楽しむレシピ5選

1. 上品な色がキレイな子持ち昆布

まずはシンプルにいただくレシピからご紹介します。塩抜きした子持ち昆布を漬けるのは、ひと煮立ちさせたお出汁。液体出汁をそのまま使うのも手軽ですが、ちょっとひと手間かけるとおいしさがぐんと引き立ちます。 小鉢に盛り付けると、お酒のおつまみにぴったり。お正月の席にふさわしい祝肴を手作りしてみてはいかがでしょうか?

2. かつお節と子持ち昆布

最初にご紹介したレシピと似ていて、こちらもシンプルな子持ち昆布の食べ方です。うえにのせたかつお節がより深い味わいに仕上げてくれますよ。

3. 子持ち昆布で中華粥

子持ち昆布はお粥にもぴったりです。鮭と合わせて中華粥にしてみてはいかがでしょうか?胃にもやさしいので身体が弱っているときにもおすすめです。

4. ささみと子持ち昆布の冷製和風スパゲティ

お正月に残った子持ち昆布をパスタにアレンジしてみませんか?子持ち昆布をささみと和えて冷静パスタにすれば、メイン料理に大変身。普段食べないような味を楽しめますよ。

5. お酒が進むまぐろのポキ

お酒のお供にぴったりなまぐろのポキ。まぐろと子持ち昆布、醤油、わさび、少量のごま油を和えるだけで完成します。ごま油を加えることでコクがうまれておいしく仕上がりますよ。
Photos:8枚
上品な色がキレイな子持ち昆布
かつお節と子持ち昆布
ささみと子持ち昆布の冷製和風スパゲティ
子持ち昆布を使ったまぐろのポキ
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ