ライター : Uli

パンシェルジュ / フードコーディネーター

ハワイ大学留学後、旅行会社に就職。国内外の食文化に魅力を感じ、現在はレシピ系記事をメインにライターをしています。お手軽料理から、パン・スイーツまで、さまざまなレシピを発信中…もっとみる

野菜スタンプで遊ぼう♪

Photo by uli04_29

今回は、ペタペタ楽しい野菜スタンプについてご紹介!普段は捨ててしまうような野菜の切れ端を活用すれば、子供も大人も思わず夢中になれるスタンプが作れますよ。 身近にある野菜で芸術に触れ、野菜をいろんな方向から観察することで、お子さんが野菜に興味を持ってくれるかもしれません。そんな、いいことずくめな野菜スタンプの楽しみ方を、ご紹介していきます♪

野菜スタンプで遊ぶねらいは?

Photo by uli04_29

野菜の切れ端などを使って遊ぶことのできる野菜スタンプは、ペタペタおすだけでできる簡単さが魅力です。小さなお子さんにもできるので、気軽に芸術の楽しさに気づき、創造性を育むことができると言えるでしょう。 さらに、普段はじっくり観察する機会があまりない野菜の断面を知ると、いつも以上に野菜に興味を持ってくれることも。野菜嫌いのお子さんも、野菜のかわいさや楽しさを発見すると食べてくれるようになるかもしれませんね。

準備をして、実際に作ってみよう!

Photo by uli04_29

スタンプ台がなくても、身近にある道具で手軽にできる野菜スタンプの遊び方をご紹介します。スタンプ台がご家庭にあれば、もちろんスタンプ台を使ってくださいね。 紙にスタンプする場合は、水彩絵の具で十分です。水彩絵の具のパレットがなければ、いつも捨てているような食品が入っていたプラスチックのトレーなどで代用しましょう。布などにスタンプをする場合は、アクリル絵の具や布専用の絵の具を用意してください。

材料

Photo by uli04_29

・お好きな野菜の切れ端 ※今回は玉ねぎ、レンコン、ピーマン、小松菜、さつまいも、オクラを使いました。 ・絵の具またはスタンプ用インク ・筆 ・パレット代わりになるもの ・紙や布などスタンプをおすもの

作り方

Photo by uli04_29

1. 野菜を切ります。普段料理をするときに、切り落としている部分を少し分厚く切るだけでOKです。

Photo by uli04_29

2. 野菜の断面に絵の具をつけていきます。

Photo by uli04_29

3. まんべんなく塗りましょう。

Photo by uli04_29

4. 紙などにやさしく押しつけます。

Photo by uli04_29

5. そっと野菜をはがすと、野菜の断面がスタンプされています。

Photo by uli04_29

6. いくつか続けて押したり、色を変えてみたりしましょう。

スタンプを上手におすコツ

野菜の断面を平らに切る

Photo by uli04_29

スタンプをきれいに押すには、まず野菜の切り方が重要。野菜の断面をなるべく平らになるように包丁で切り落としましょう。微妙に傾いたりしていると、その部分だけがかすれたり、上手く色が出ないことがあります。 慎重になりすぎて、ゆっくり包丁を入れると断面がガタガタになってしまいます。包丁を野菜に入れたら、ためらわず切るようにしましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS