買いすぎちゃってもOK♪ケーキは冷凍保存でおいしく食べられる!

イベントが多いと何かと困る余ったケーキのゆくえ。あなたは、食べきる派?それとも、捨てる派?冷凍保存したところで、解凍したケーキはなぁ……と思ったそこのあなた!ケーキをおいしく冷凍する方法、解凍する方法を知って、ケーキの達人になりましょ!

余ったケーキは冷凍できる?

家族が「ケーキ、ケーキ!」とせがむから、食べきれないのにたくさん買ってしまった!お誕生日会やクリスマス、お正月などみんなが集まるからとホールを買ったものの残ってしまった!という経験、誰にもありますよね?ケーキの箱には「本日中にお召し上がりください」とシールがあり、残ると焦ってその日のうちに食べてしまいます。でも、体重のためにはできれば食べたくない…が女性の本音。そんな残ってしまったケーキをおいしく保存する方法があります。そ・れ・は…!ズバリ、冷凍です!もちろん、知っている人もいると思いますが、今回は質を落とさずにおいしく保存する方法をお教えします。

冷凍できるケーキと向かないケーキ

ひとくちにケーキと言ってもその種類はさまざま。ショートケーキのように生クリームがメインのものだったり、ガトーショコラのように焼きがメインだったりと、工程もいろいろとあります。冷凍をするのにも、向いているもの、向いていないものとあります。ここでは、冷凍できるケーキと、冷凍には向かないケーキとに分けてお話していきます。

冷凍できるケーキはこれ!

まず、冷凍できるケーキの代表としては、ロールケーキ、チーズケーキ、ガトーショコラ、パウンドケーキなどが挙げられるでしょう。ほとんどのケーキはほぼOKと思って大丈夫です。ただし、生クリームやチョコクリームなどでデコレーションしているものも冷凍可能で、タルト生地も冷凍可能ですが、その際、生のフルーツなどは取り除いておきましょう。フルーツはコンポートしてあったり、火を通してあるものであれば冷凍可能です。

冷凍に向かないケーキはこれ!

先ほど、デコレーションは冷凍OKだけれど、フルーツは除くようにと言いました。実は、冷凍に向かないケーキの代表と言えるのが、生のフルーツが入ったケーキなのです。なぜかと言うと、フルーツは一度解凍してしまうと組織が壊れ、水分が出てしまいケーキがべちゃっとなってしまうからです。できれば生のフルーツはその日のうちに食べて、スポンジ台やタルト台などを冷凍し、解凍した日に新たなフルーツでトッピングすることをおすすめします。

ケーキの冷凍方法

デコレーションのないケーキ

デコレーションなしのケーキは、比較的簡単に冷凍保存ができます。

①空気を抜くようにラップに包みます
②ジッパー式の袋にいれて冷凍庫へ

ジッパー式の袋にいれ密封することで、冷凍ヤケを防げますよ。もし、ジッパー式の袋がなければ、ラップを多めに巻いていきましょう。これで、冷凍庫のイヤなにおいもシャットアウトできます!

デコレーションがあるケーキ

デコレーションがあるケーキは、そのままラップに包んでしまうと形が崩れ、食べるときに残念なケーキとなってしまいます。そうならないためのひと工夫は……。

①冷凍用密閉容器のフタの裏を上にして、ケーキを置きます。
②容器をかぶせて、フタと合わせます。

そのままの形で容器にいれ、フタをするのもいいのですが、出し入れするときに形が崩れてしまう心配があります。この方法なら、ケーキを傾けることなく保存できるのでおすすめです。

保存期間はどのくらい?

生ケーキはほとんどが「本日中にお召し上がりください」との注意書きがあります。賞味期限は1日ということです。ですが、冷凍保存をしておけばだいぶ延ばすことは可能です。とはいえ、アイスクリームのように賞味期限がないわけではありませんので、せいぜい保存期間は1ヵ月というところでしょう。

冷凍ケーキの解凍方法

冷凍ケーキの解凍方法として適切なのは、冷蔵庫での自然解凍です。まずは、冷凍庫から出したケーキをそのまま冷蔵庫へ移しましょう。カットケーキであれば、食べる4~6時間前に移しておくのが理想です。ホールケーキなどサイズが大きいものは、解凍に時間がかかりますので、半日前がよいでしょう。こうして時間をかけて解凍すると、おいしさを保ったまま食べられます。常温で解凍するやり方もありますが、デコレーションケーキなどは生クリームがゆるんでしまうのでおすすめしません。

また、解凍時間を短くし、半解凍でおいしく食べられるケーキもあります。チーズケーキやチョコレートケーキ、ティラミスなど半解凍でアイスのようにして食べるほうがおいしいという人もいます。ぜひ、あなた好みの解凍時間を見つけてみてください。

注意してほしいのは、一度解凍したものを再冷凍すること。品質が損なわれるので不向きです。食べきることを前提に、食べる分だけ解凍しましょう。

電子レンジでの解凍は?

特集

SPECIAL CONTENTS