いま、人気上昇中!秩父のB級グルメ「みそポテト」のカリホクに夢中♪

埼玉県秩父地方のご当地グルメ、「みそポテト」をご存じですか。最近観光名所としても人気の秩父地方。地元の方はもちろん、遠方からもこのみそポテトを目的に訪れる方がいるほどの人気ぶりなのだとか。今回は、そんな気になるみそポテトをご紹介します!

2018年9月28日 更新

2.道の駅果樹公園あしがくぼ

味噌ポテト 300円(税込)

色とりどりの花と緑に囲まれ、川のせせらぎに癒される自然豊かな「道の駅 果樹公園あしがくぼ」。芦ヶ久保駅から徒歩3分とアクセスもよく、ファミリーや女性同士など平日でも多くの方が訪れる人気の道の駅です。

名物の味噌ポテトが楽しめる飲食スペースをはじめ、農産物の販売や陶芸教室の開催もあり、道の駅というよりはちょっとしたエンターテイメント施設と言ってもいいかもしれません。

そんな「道の駅 果樹公園あしがくぼ」で食べられる味噌ポテトは、先ほどご紹介した「道の駅 ちちぶ」のものよりは少し小さめ。甘辛く少しとろみのあるタレが惜しみなくかけられています。サクサクの部分と、タレが絡まり程よくしんなりした部分の違いを楽しみながらいただきましょう。
■店舗名:道の駅果樹公園あしがくぼ
■最寄駅:芦ヶ久保駅(西武秩父線)徒歩3分
■住所:埼玉県秩父郡横瀬町芦ヶ久保1915-6
■電話番号:0494-21-0299
■営業時間:10:00~18:00
■定休日:12/30~1/1
■禁煙・喫煙:不明
■wifi:不明
■参考URL:http://profile.ameba.jp/ashigakubo/
■公式HP:なし

3.カフェまいん

味噌ポテト 500円(税込)

皆野駅より車で15分ほどのところにあるログハウス風の温かみのある「カフェまいん」。カフェと名前がついていますが、お酒の種類も豊富。店内には暖炉があり、優しい気持ちにさせてくれます。

自家菜園で取れた新鮮な野菜を使用したメニューは、食べごたえがありながらも素材の旨味を生かした上品な味わいです。そんな「カフェまいん」でいただける味噌ポテトは、カフェまいんのために特別栽培したじゃがいもを使用。ホクホクとした食感とほのかな甘みが感じられます。それを甘辛いタレに絡めていただきます。道の駅と比べると少し値段は高めですが、こだわりのじゃがいもを使っているだけあり、食べる価値あり!
■店舗名:カフェまいん
■最寄駅:皆野駅(秩父鉄道)より車で15分(駐車場あり)
■住所:埼玉県秩父市吉田久長156-4
■電話番号:0494-77-0902
■営業時間:11:00〜18:00
■定休日:水曜日
■禁煙・喫煙:不明
■wifi:不明
■参考URL:https://tabelog.com/saitama/A1107/A110701/11020975/
■公式HP:なし

自宅でも作ってみよう!

秩父まで食べに行けないけど、絶対に食べたい!というそこのあなたに必見。実はご家庭でもみそポテトが簡単に作れてしまいます。お店や家庭によってレシピはさまざまなようですが、まずは基本のレシピをご紹介します。ぜひ、ご家庭でお子様のおやつや来客時のお茶うけにいかがでしょうか?

材料

・じゃがいも
・みそ
・お酒
・砂糖
・片栗粉

作り方

じゃがいもの皮をむき、食べやすい大きさ(お団子サイズぐらい)にカットします。電子レンジで加熱後に片栗粉をまぶし、フライパンで揚げ焼きにします。そこにみそ、お酒、砂糖を溶かしてフライパンに加えじっくり和えると出来上がります。とても簡単に作れますので是非、トライしてみてください!

通販でも購入可能

このみそポテト、秩父まで行かなくても本場の味が楽しめます!
「みそポテト本舗」さんのホームページで購入できます。

作り方は簡単。冷凍ポテトを170℃の油で約5分揚げます。そして添付の味噌ダレをかけてたら完成です!価格は1個2500円、2個4000円、3個5000円(すべて消費税・送料込み)。
賞味期限は180日です。たくさん購入して冷凍庫にストックしておけば、子供のおやつ、来客時のお茶受けにと色々と使えますね!
2 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう