名古屋名物・味噌煮込みうどんを東京で食べるなら!厳選7店

名古屋名物と言えば味噌煮込みうどん!本日は、東京でおいしい味噌煮込みうどんが食べられるおすすめ店7選をご紹介しちゃいます。どのお店も地元では評判の人気店ばかりです。いろいろなお店を食べ歩いてお気に入りの一軒を見つけちゃいましょう♩

1. 【秋葉原】大正14年創業の老舗「山本屋総本家」

「山本屋総本家」は、大正14年創業の老舗の味噌煮込みうどん屋さんです。本店は味噌煮込みうどんの本場、愛知県名古屋市にあり、愛知県内にいくつかの支店を展開するほか、東京・秋葉原には県外唯一となる「神田和泉店」が設けられています。

「神田和泉店」は、JR山手線の秋葉原駅から歩いて7分ほどの場所にあり、路地裏にひっそりと佇むシンプルな外観の建物です。2階建ての店内は、1階がカウンター席、2階がテーブル席となっており、座席は全部で31席ほど完備されています。

普通煮込うどん

お店の看板メニュー「普通煮込うどん」は、国産小麦と水だけを使用したコシのある麺が特徴です。つゆは昔から変わらぬ伝統の赤味噌味となっており、信楽焼の土鍋にフタがされた状態で提供され、そのフタを取り皿として使うようになっています。

残ったつゆにごはんを入れて、雑炊として楽しむのもおすすめだそうで、他にも「玉子入り煮込みうどん」(税込 1,090円)や、「親子煮込みうどん」(税込 1,360円)などのメニューも人気です。

店舗情報

■店舗名:山本屋総本家 神田和泉店
■最寄駅:JR山手線 秋葉原駅 昭和通り口より徒歩7分
■住所:東京都千代田区神田和泉町1-10-8
■電話番号:03-3861-5030
■営業時間:11:30~15:30
■定休日:日祝
■禁煙・喫煙:完全禁煙
■駐車場:なし
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131001/13008649/
■公式HP:http://yamamotoya.co.jp/

2. 【八重洲】駅直結で好アクセス「玉丁本店」

「玉丁本店」は、JR東京駅の八重洲南口から歩いて2分ほどの場所にある、八重洲地下街、外堀地下2番通り沿いにお店を構えています。駅直結というアクセスの良さから、サラリーマンやOLさんに大変人気のあるお店です。

店内はあたたかみのある照明に、木目を基調としたくつろぎのインテリア。中央にカウンター席、そしてそれを囲うようにテーブル席が配置されており、座席は全部で66席ほど設けられています。

味噌煮込みうどん

「玉丁本店」の味噌煮込みうどんは、濃厚な八丁味噌ベースのつゆに、もっちりとしていて歯ごたえのある麺。具材には鶏肉、薄揚げ、ネギが入り、さらにセンターには卵がトッピングされたボリュームのひと品です。

メニューは、ベーシックな「味噌煮込みうどん」のほか、モツ入り(税込 1,674円)や、海老天入り(税込 1,566円)、カレー味噌仕立て(税込 1,458円)など、バリエーションも豊富です。平日の17時まではライス無料&おかわり自由です。

店舗情報

■店舗名:玉丁本店 八重洲店
■最寄駅:JR東京駅 八重洲南口改札より徒歩2分
■住所:東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街 外堀地下2番通り
■電話番号:03-6225-4831
■営業時間:
 【月~金】11:00~22:00
 【土日祝】11:00~21:30
■定休日:無休
■禁煙・喫煙:完全禁煙
■駐車場:近場に八重洲地下駐車場あり
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13015841/
■公式HP: http://www.sfpdining.jp/tamacho/yaesu/

3. 【本郷】コスパ良し「味噌煮込罠」

地下鉄丸ノ内線の本郷三丁目駅から歩いて3分ほどの場所にある「味噌煮込罠」は、東京で本格的な名古屋風味噌煮込みうどんが食べられると評判のお店です。「味噌煮込罠」と書いて、読み方は「みそにこみん」。テレビでも取り上げられたことのある話題の人気店です。

店内はジャズが流れる落ち着いた空間となっており、カウンター4席のほか、2人掛けのテーブルが5卓設けられています。こぢんまりとしていて、おひとりでも気軽に利用しやすい雰囲気。

味噌煮込みうどん

こちらは、だしがしっかりと効いた八丁味噌ベースのつゆで、濃厚ですが味に角がなく、マイルドな旨みが感じられる上品な仕上がりです。中の具材は鶏肉、かまぼこ、油揚げ、ネギ、卵といった内容で、850円というコスパ絶大なひと品。

店舗情報

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

pomipomi

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう